100%の善は有りうるか?

「偽善の現れとしての善」という言葉を少し前に思いつき、時々反芻している。すんごい闇を抱えてるような雰囲気ですけど、そういうわけではなくてさ。
あるいは「偽善なくして善なし」はどうだろう。100%の善は有りうるのかという命題である。



四国に歩き遍路に行ってからもう1年が経とうとしてる。あの旅の道中に色んな人からもらったお接待、あれにはすごく助けられたし、嬉しかった。お接待というのは多分「善」に分類されるだろう。いや、偽善と言ったら怒られちゃうし、自分としても良い気はしない。でも偽善である可能性は…?

良いことをする時ってさ、心のどこかに「ほめてもらいたい」「良い人だと思ってもらいたい」みたいな欲があると思うんだよね。そういう裏のない完璧なる善もあるのはあるんだろうけど、よっぽど悟りの境地に至ってる人か、無欲の人じゃないと出来ないと思う。現実的に。だから、お接待をしてくれた大勢の人々のうち、何人かはそういう気持ちの人もいたんじゃないか。

こういう欲のある善を「偽善」と呼ぶのが適切なのかはちょっと議論の余地はありそうだけど、とりあえずこの記事では狭義の偽善と定義することにする。

そうすれば、僕たちお遍路は、「偽善の現れとしての善」を受けたということになる。



先日、ドライブがてら立ち寄った道の駅に、バイクで日本一周している帰り道のおじさんを見かけた。思い切って話しかけてみて、ひと通り会話がはずんだ後、自販機で買ったお茶を渡した。おじさんは「どうして?」というような表情でびっくりしてたけど、「いやぁ、以前自分が長旅してたときに色んな人にお世話になったもんで」と伝えると、すごく喜んでくれて。その表情を見ると僕まで嬉しくなっちゃって、夕焼けを眺めながらの帰り道がめちゃくちゃ輝いてたわけですよ。

思い返すと、自分の心理としては「おつかれの旅人さんにお茶を渡せば喜んでくれるだろうな」とか「旅人さんの思い出のワンシーンに自分が少しでも彩りを加えられたらいいな」とかそういう「偽善」の気持ちもあったわけで。

それならばあの時の行動は良くないことだったのかと言うと、全然そんなことは無くて、事実あのおじさんは喜んでくれたし、自分も嬉しかったし、双方良いことづくめだったわけ。



となると、その動機が「偽善」であっても、その現れとして「善」があってそれによって幸せになれるのならいいんじゃないか、「偽善」にばかりフォーカスを当てるのはナンセンスなんじゃないかって思える。

そういう意味で、「100%の善は有りうるのか」という疑問に対しては「たぶん無いけど、表面が善ならいいじゃん」と結論づけたい。



まあ、お遍路中もこういうことはちらっと思ってて、「お接待という生きがい」という記事でも書いてはいるんだけど、こうして「偽善と善」という一般論的に考え直してみると、普段の生活でも当てはめられるしね。

…って、普段の生活からこういうことを考えてるから鬱なんかになるんだよな(笑)
考えるのは好きだけど、ほどほどにしつつ、日々与えられることをやっていこう。

あのおじさん、無事に帰れたかなぁ。




スポンサーサイト

場所あり足あり

新天地で元気にやってます。ちかひらです。


最近ついに車を購入しました。というわけで「足あり」。なんかの掲示板でアピールできそうっすね(しないけど)。土地に馴染むにはまずあちこち巡って色んな人に会うことが大事。これから車という武器で各地を訪問してみようと思ってます^^

近場にゲイ友さんも複数人いるので、仲良くなってたまに遊べるような関係になれたらいいなぁと思ってます。プラス、社会人サークルにでも入ってノンケの友達も作りたいな。そのへんはもう少し落ち着いてから。


仕事は順調で、といってもまだ大した作業もしてないんだけど、のんびり構えて過ごせてます。以前の自分なら焦って難しいことをやってみせようとしたり、出来ないのに出来ますと言ったりしてた。今は出来ないことは出来ないとまず言えるのが成長したなぁと。あとは質問しやすい環境なので、そこは先輩に感謝してます。

時間のある時に、業務中に専門書やらネットで周辺知識をつけるようにはしてるんですけど、好きな分野なので、専門書読む事自体が楽しい(知的好奇心的に)という良い状況です。いやー、大学の専門分野と近い業種に就くことって大切だなと…。

先輩や上司からの学歴的な期待というのは予想通りあったんですけど、ある程度はプライドをもってやりたいなと思いつつ、でもうまくかわしながら毎日冗談を言いつつ仕事してる感じですね。最初のあたりでひょうきんなキャラで攻めてったのが功を奏した気がする。


メンタル面も、お遍路効果でしなやかになれてる気がします。日常・仕事どちらでも凡ミスとか失敗とかはあるんですけど、後悔しないようになってきてる。やっちゃったけど、あのときの状況ではああなるしかなかったから仕方ない、次は気をつけよう、とか考えられてて。たまに年齢の近い先輩と将来のことを話すときにめっっちゃ暗くなる時もあるんですが、「ああ、今なぜか負の感情に圧倒されてるな、早く寝てしまおう」とか自覚できる余裕はある。そして翌日はだいたい戻れてる。
なんか引きずらないメンタル。良かった良かった。

お遍路といえば、ブログのお遍路の記事が思ったより色々な方に読んでもらえてるみたいで、コメントもいくつか頂きました。ありがとうございますm(_ _)m ぼくもたまに読み返してて、自分のポエミーな文章に酔ってたりします(笑) 
また旅がしたいなぁ。車中泊でどこか行こうかな。


というわけで近況をまとまりなく書いてみました。特に悩みもそんなにないのでブログのネタがあんまりなくて、更新頻度が上がる見込みはないんですが(笑)、また何かあったら書くのでどうぞお待ち下さい。
あー、あれだな、地方暮らしゆえに結婚の話とかよく話題になるので、今度はそのへんの今の気持ちを整理しがてら記事書こうかなぁ。




レインボーウィークということで

Eテレの『バリバラ』でセクシャルマイノリティが取り上げられてたので、見てみた。

【生放送】検証!“オネエ”問題

さすが、バリ“バラ”なだけに面白い!終始笑いが絶えなかった。

テーマはオネエ。
2006年頃から登場した言葉で、今やテレビに出ない日はないほどのタレントジャンルになってる。で、そのオネエの定義があやふやだぞ、それって問題なんじゃない?テレビ的にどうなのよ、という話だった。

LGBT当事者なら分かることですけど、一言でオネエタレントといっても実際はゲイだったりトランスジェンダーだったりストレートだったりして、ごちゃごちゃしてるんですよね。番組にも出ていたはるな愛さんはトランスジェンダーなので「女として男が好き」なんだけど、ベビー・バギーさんはゲイなので「男として男が好き」。でも男っぽいけどなんとなく女っぽい口調をしてて…みたいな部分で、一括りに「オネエ」として扱われてる。

番組内では、(酔ってる)花見客に突撃インタビューしてて、オネエのこととか性自認のこととか(こういう専門用語は口頭だとわかりにくいから敢えて使わなくても良かったとは思った)色々話してた。花見客は(酔ってるということもあって)カテゴライズに頭が追いつけてない様子だったけど…笑

番組を見てて、色々と考えることがあったので、整理ついでにここに書き散らしてみようと思います。


---
まずはカテゴライズについて。
やはり「名前を付けると可視化される」という効果はある。LGBTにしろ、オネエにしろ、いままでもそういう存在はいたけど、名前が出来ることによってそれに属する人たちが可視化されていくという段階がまずある。ここがまずスタート地点。
で、そのあとの段階として、その可視化されることによって周囲との摩擦やら対立が生じたり、内部での議論が出たりする。LGBT以外にも、アセクシュアルもパンセクシュアルもいるんだよ!LGBTじゃなくてLGBTTQQIAAPと表現すべきだ!みたいな話が出てきてようやく本番。
そして、ストレートと非ストレートという構図にするからややこしい、性は多様で云々…みたいな方向に議論が成熟していって、当事者以外も巻き込み、価値観の変化や法整備が進んでいって、という流れになるのかな。
(諸外国では多分最終段階あたりまでは行ってる。もちろんアメリカのように逆行し始めてるところもあるけど)

ちょっと脱線したけど、要するにカテゴライズ自体は議論の初期段階において大切なものなので、現在の日本でのオネエという括りそのものがダメ、とは思わない。単純に、そのカテゴライズを疑う第二フェーズに移行したというだけじゃなかろうか。

今日のバリバラで、オネエのくくりが雑すぎ問題が取り上げられてたのは、一歩前進、と捉えてもいいのかな。

というのも、番組を見てて、LGBTの定義の説明とか、インタビューで「レズビアンの人初めて見ました」という回答があったりとか、日本はまだまだ遅れてるなぁ…と一瞬思ったから。でもよく考えると前述の通り次の段階には進んでるんだろうし、東京レインボープライドが催されるこの時期にテレビで特集が組まれてる事実は前向きに捉えて良いのかもね。


---
オネエという存在が自分たちゲイの隠れ蓑になっている、という意見が番組で聞こえてきた。
これはたしかにそうだ。テレビで、ゲイ→女装してああいう口調と雰囲気で喋るんでしょ、という認識が生まれるので、それを逆手にとり、普段の生活では、女装していない限りゲイと認識されずに済む、という効果がある。ゲイバレが怖い現実社会においてはかなり有力な武器にはなる。

でも、これも一長一短というか、本質的な部分ではマイナスなんじゃないかなぁ。結局のところ人々のゲイやトランスに対する認識を誤らせているわけだし、君のすぐそばにいる当事者に気づけない(気づかない)ので。理解を進めるには気づいてもらうしかないという視点からすると、かなりの足枷になってると思う。

もちろん、セクシュアリティをオープンにして生きるのがベスト、という価値観のものでの話にはなる。


---
そういえば声優の三ツ矢雄二さんがゲイをカミングアウトしたのが話題になった。今年の東京レインボープライドのオープニングレセプションにも登壇したようだ。
まあ元々グレーゾーンとして認知はされてて、インタビューによると業界内ではみんなゲイだと知ってたらしいけど、視聴者側としてはようやくその事実を知れたわけだ。

三ツ矢さんのようなある程度の立場までのぼっている人がこうしてカミングアウトする社会的意義は大きいよなぁ。というのも、立場が上だと、笑いものに出来ないから。ゲイをカミングアウトして何が怖いって、世間から攻撃の対象に設定されること。笑いものの対象にされること。でも、立場が上であれば、たぶんその心配は少ない。(三ツ矢さんはキャラが面白いので別の意味で笑いものにはされるとは思うけど)

笑いの対象ではないセクマイがどんどん出てくれば、社会における認識もどんどん変わってくる、はず…。先輩たち、よろしくおねがいします。

自分もいつかはオープンにしたいなとは思ってて、職場での立場をある程度築けたら実行するのもアリかなぁとかは妄想してる。一方で、そんなこと言ってたらいつまでも実行は出来無さそうだけど(苦笑)。そもそも家庭を持ちたいな~という気持ちも最近抱いているし。その場合だと、女の人と結婚することになるけど…うーん…。未来のことはわかんないのでなんとも。
結婚願望についてはこの記事に書いてるので暇な人は読んでね。

---
カミングアウトに関連して、カミングアウトを友達にしたら「○○くんは○○くんだよ!ゲイであろうがどうであろうが関係ないから!」みたいな美談はなんとなく嫌いである。
うん。いや、ゲイであろうが関係なくないぞ!と主張したい。ゲイなのである。勝手に無関係にされても困る。じゃあどうすればいいの?と言われると、答えられないのがもどかしい…こういうのが当事者めんどくさいって言われる所以なんだろうな。。。

という意見も、ゲイであっても人それぞれ思うことは違うわけで。一概にゲイはこう思ってます~みたいなのは難しい。よって、セクマイの社会活動はなかなかセンシティブなんだろうなと容易に想像はつくし、実際大変そうだと思う。

この話はオネエ問題にも通ずるものがあって、たとえばオネエ以外のLGBTタレントがテレビやらイベントに登場したとして、一連の問題が解消するかといえばしない。というのも、LGBTと一括りに言っても多種多様で、その人によって性の在り方が違うから、一人でカバーしきれない。タレントは得てしてそのグループの代表みたいな位置づけにされてしまうけど、実際は一個人なので、絶対にカバー出来ない。
だから、どうあがいても、括りが出来てしまう問題は必ず発生するんだよなあ。

その点はバリバラの番組内でも話題になっていた。番組最後に、新しい番組をプレゼンするコーナーがあったのだけど、何人かは、色んなLGBT当事者が登場するような番組構成を検討していた。結局、だれか少数のタレントに代表させるのではなくて、サンプル数を増やし、その結果視聴者に「多種多様なんだ」と実感してもらう手法が良いようだ。


---
最後に、やっぱ当事者自身が現実感をもって動いていかないとな、とはいつも思う。一部の活動家やタレントにただ期待していても歩みは遅い。ゲイが抑圧されてて生きづらいと思うのなら、まずは自分の身の回りから変えていかにゃならんという意識を持てたらなぁと…まあこれは多分に自戒の意を込めてなんですが…思う。

でもやっぱりゲイ垢のツイッターをみてても無関心という雰囲気は感じるし、俺らは隠れて楽しんでるんだから余計なことはするなという意見も行間から見え隠れはする。職場でカミングアウトしたいなと発信すれば、出来ない理由を並べ立ててやめさせようとしてくる人もいるし、そういうのは余計な親切という名の単なる足の引っ張り合いなんじゃないかな、と厳しい見方もできると思うし。実際現実社会でカミングアウトしたら十中八九しんどいので、正しいアドバイスなのは分かってるんだけど…でも言わなきゃ変わんないよ?というジレンマ。

結局は過渡期なんだよね。中途半端に抑圧と解放への望みがあるがために余計にしんどくなるという。でも、その時期にふんばれる人がいるかどうかが次の世代への望みにもなると意識できるかどうか。自分じゃなくてもいいじゃんと思わずに、出来る範囲でより多くの人がそういう動きができたらいいのになぁ。



煩悩遍路 後序

というわけで、ようやく四国遍路の記録を書き終えました。いやー、8ヶ月もかかっちゃいました。でも年度末には終えることができてホッとしてます。

遍路を終えた後は、家族からもびっくりされるくらい表情が良く、且つ、浮世離れしたようなオーラがあったらしい。いまではすっかり現実世界に戻っちゃってますが、そういう経験が出来たのは本当に良かったなと。

お遍路の記録を書いてみたわけですが、長旅と同じように、書くという行為にも、少年期、青年期、壮年期があるように思う。文体や構成に、だんだん落ち着いてくる(刺激が少なくなっていく)方向の変化があるのはそういうことです。

長く何かを続けることの楽しみには、それによる変化自体も含まれているのかも。

また、お遍路という旅には県ごとに「発心」「修行」「菩提」「涅槃」という区切りが設定されているんですが、思い返してみるとたしかにその通りの心境や行動の変化があったなぁと感じられるところも面白かった。





ここからはつらつらと思ったことを書いていきます。

●もらったお接待はこんな感じ。物心ともに助かった。
・飲み物(お茶、ジュース、栄養ドリンク)
・お菓子(市販のもの/手作り)
・ビール
・たこ焼き数個追加
・飴
・ティッシュ
・サンドイッチ
・車に乗せてもらう
・バナナ
・野宿場所の情報
・カロリーメイト
・現金
・スモモ
・うちわ
・靴の乾燥用の新聞
・パン
・ミニ仏さん
・三葉松
・お好み焼き
・トマト
・寿司弁当

●歩き続けていると、普段は感じないことも感じられるようになった。太陽がすごく好きになるし、田んぼや畑の野菜の成長(=季節変化)を感じるし、土地ごとに景観の変化も土や砂の色レベルでよくわかる。

●野宿2~3:宿1くらいの割合だったけど、なんといっても宿は安いし急な予約でも対応してくれてありがたかった。でも将来のことを考えるとちょっと心配だったり。四国には「遍路宿」が多くあって、どこもお遍路さんを対象にした、遍路道沿いにある宿。場所によってはお遍路さんしか泊まらないであろう所もあって…だいたいが高齢者がお店をやっている。あと10年もすれば継続が厳しくなってくるところが沢山出てくるんじゃなかろうか…と思った。

●食事事情も書いておきたい。ぼくは自炊道具を持っていかなかったので、基本的にコンビニやスーパーで2,3食分のパンやおにぎりを常に買っておきつつ、食べ物屋さんを見かけたらそこに入ったり、という食生活をしていた。それに加えて、カロリーメイトや魚肉ソーセージ、飴なども常備。飲み物も死活問題だが、全部買っていたのではお金がかかるから、トイレでペットボトルに水を汲んでそれを飲んでいた。3回目の区切りでは粉末タイプのスポーツドリンクも用意したが、水がぬるいとそんなに美味しくない。
途中で出会ったお遍路さんは、遍路の食環境は良くないと言っていた。毎日コンビニのおにぎりばかりを食べていると身体には良くないし…かといってコンロを持ってきたとしても、カップうどんやそういうものだったらあまり状況は変わらないし。こだわるほどに荷物は増えてしまう。外食ばかりだとお金がかかりすぎる。という感じで…汗
毎日30kmくらい歩いていると、本当にお腹がすくし、タンパク質を身体が欲しがっているのがよくわかった。だからぼくはよくカツ丼を食べたい欲にかられていたし、豆乳を飲んだりしていた。食べ物はすべてのエネルギー源なのだということと、その質をどこまで求められるのか、という問題を知ることができた。





さて、ここからは後日談。

100日遍路のマサさんに絵葉書を送ると、しばらくして彼のお遍路レポがどーんと届いた。所属しているグループで報告会もしているようだ。そのレポの中で一番印象的だったのが、「縁は自ら創るもの」という言葉。彼はお遍路中、四国にいる知人に多く会っていたようで、自ら連絡をして会い、縁を創っていくようなニュアンス。
ぼく自身では、お遍路は出会いの旅だったこともあって、「縁は偶然生まれるもの」という認識が強かった。でも、「創る」タイプの縁もあると気づいた、というか、偶然生まれる縁に対して、その後、自分から連絡をしたりして、縁を創っていくことも大事ということを知った。偶然生まれるタイプの縁と、自ら創るタイプの縁。面白い。

高知~愛媛でたびたび出会っては別れるを繰り返していたリクくんは、自分の実家と近いということで、年末に再会した(創るタイプの縁である)。当然お互い普段着なので、白衣を着てないのが逆に違和感があった(笑)。愛媛で別れてからその後どうしたかとか、現実世界ではどうかとか、仲良くしていた人々とその後連絡をとっていたぼくからの情報とか、色々話した。
リクくんもブログをやっていて、すごい大作なので読むのには時間がかかったけど、面白かった。自分も途中に登場するし。自分が主人公の物語の外伝をずっと読んでいるような感覚で、不思議な魅力があるもんだ。

シロさんとも連絡を取り続けている。たまに登山すると写真を送り合うくらいだけど。元気にやっているみたいだ。いつかまた会いにいきたいと思っている。





結願直後にメモしていた言葉を見つけたので、ここにいくつか挙げてみる。

・人生万事塞翁が馬
・どの人にもドラマがあり、哲学を持っている。
・ゆっくり歩いて寄り道した方が面白い。
・人に話しかけよう。面白いことが起こる。
・困ってもなんとかなるし、その困っていることは自分が勝手に作り出したものかもしれない。
・やりたいことは、やろう。

この中では最後の「やりたいことは、やろう。」が気に入っている。ずっとやりたいと思っていたお遍路をやった直後の感想なので、ほんとに、やりたいことをやってみて良かったというリアルな感想が詰まっている気がする。



そして、この言葉の通り、ぼくはこの3月末で退職することにしました。4月からは、大学のときに専門で勉強していた分野の仕事に転職する。これは、お遍路中にもおぼろげながら考えていたことで、あれから随分と時間は経ったけど、ようやく決めることができた。動いてみると思いのほかすぐに採用内定をもらえたので、ホッとしてます。
転職ということで、また住む場所も変わっちゃうので現在絶賛引越準備中なんですけど、ワクワクと安心感のある転職なので、結構穏やかな気分です。

将来、この時期を振り返ることがあったとして、お遍路してみて変わったことは?と聞かれると今回の転職を挙げることになるのかもな。とはいえ、どっちみち鬱になった時点で今の仕事はちょっと厳しいな…と思っていたのではあるけど。その背中を最終的に押してくれることになったのがお遍路だったという表現もできるかな。

長い休職期間が終わって、4月から新天地でようやく現実世界に戻ることになるわけですけど、無理せず、ゆっくり歩いて、面白いことを見つけながら生きていこうと思います!


ではでは!


煩悩遍路 高野山へ

高野山

結願の日から5日。
夕方、和歌山県は九度山、町石道の途中の展望台にいた。
今夜はここの東屋で野宿をする。

町石道は、南海電鉄の九度山駅から高野山へ続く、22kmほどの山道である。
高野山へはケーブルカーでも行けるが、なんとなく歩いて到達したかったのでこのルートにした。

16時すぎに、おっちゃんが下山してきた。
歩くのが好きで、近場にある100kmくらいのトレイルをいくつか歩いているらしい。
お遍路さんでは無いようだ。

「四国遍路、終わったんですけど実感がなくて」
「今は無くてもそのうち出て来るかもね、数年後とかに。少なくとも自信にはなるよね」

「色んな人に会い、その人の価値観に振り回されてみるのは大事。考えるきっかけになる」



展望台なだけあって、夜景もきれいだった。
自分ひとり、いま世俗から離れて山の中腹で野宿しているんだ…と実感する。
うれしいような、さみしいような。

野宿するのも、今夜が最後だ。



夜が明けた。7月23日土曜日。
朝焼けが眼下の川に反射して、神秘的な美しさだった。

いい天気だ。高野山へ、いざ出発。

途中で、後ろからおじさんが追いついてきた。
区切り打ちでお遍路をしていたらしく、ぼくと同じく今日高野山へお礼参りに行くとのこと。

ペースが結構早く、12時半には高野山の大門に着いた。
ここは26℃。涼しい。



高野山は広かった。その中の道路を歩き、奥の院へと向かう。
土曜日ということで一般の観光客も多く、菅笠と白衣は多少恥ずかしいけど、
やはりそこは高野山。
車やバスで遍路を廻ったのであろうおじさんおばさんが、結構話しかけてくれた。
仲間意識みたいなものを感じてくれていたのだろうな。



奥の院へ行くと、杉の巨木がボンボン生えていて、厳かな雰囲気がそこにはあった。
武将たちのお墓もある。

奥の院のその一番奥へ。
この先には、かつて空海が入ったきり、誰も入ってはいないという。
そこから、今でも空海は生きているという伝承ができているようだ。

今でも、ここのお坊さんは毎日空海用のご飯を準備している。



空海さんに、88ヶ所めぐりの完了を報告。
そして、手前の納経所にて、納経してもらった。
「歩きで廻ったんですね。結願おめでとうございます」



これで本当に、ぼくのお遍路は終わったんだなぁ。



その後、また2日ほど名古屋で友人と遊んだあと、電車で家へ戻る。
大垣駅からの車内、ボックス席でたまたま向かいの席に座ったおじいさんが、
ぼくの荷物を見て話しかけてきた。
以前、ツアー遍路の説明会に行ったことがあるらしく、羨ましがられた。



四国という土地を離れても、見知らぬ人と話ができる装置、それが
四国遍路なのかもしれないな。

おじいさんはこう言って、電車を降りていった。
「満願成就おめでとうございます」

【完】


GO TOP