「多様性の尊重」に疲れきったこの世界で

先日、アメリカ次期大統領選にドナルド・トランプ氏が当籤した。
彼は選挙演説で、多くの「ヘイト・クライム」を発信した。

アメリカとメキシコとの間に大きな壁を作る
アメリカ在住の違法移民を強制送還する
イスラム教徒の入国を禁止する――

もちろん、彼自身が本当に当籤するとは思ってなかったという噂があるように、
これらの極端な発言はパフォーマンスの一部だった可能性もあるし、
現実的に、政策として実行可能かどうかは…難しいだろう。

それでも、彼はあのように発言し、当籤した。

単純多数決的な意味で言うと
全体の得票数は対抗馬のヒラリー・クリントン氏の方が多かったそうだが、
そういった事実をも凌駕してしまう程度には票を得たということには変わりない。
(選挙制度については詳しくないので置いとく。)

アメリカ国民の少なからぬ数の人間が、トランプ氏を選んだのだ。
少なからぬ人間が、壁を求め、移民を邪魔者扱いし、イスラム教徒を嫌った――

選挙後、アメリカの各地でヘイト・クライムが公然と行われるようになってきているという。
ちらちらネットで見かけた情報をたどるだけでもかなりキツイ感じである。
Make America white again
Go back to Asia ――

大統領選の前後で一般市民の意識が急変したと考えるのは間違いだろう。
おそらく、前々からずっと思ってたけど言えなかったことが、
大統領という国のトップが言ったことにより、言いやすくなっただけのことである。

世界レベルで経済が衰退し、貧困層は増え続ける。
きっと個人レベルでの不平不満が溜まりに溜まっているのだろう。

こうした状況下、その不満の矛先を移民や国外に向けさせる政策をとるのは歴史の必然である。
Make America Great Again  ――

この言葉に希望を抱いた、抱かざるを得なかった国民が一定数いるということ。
日頃の鬱憤を大声で言ってくれるトップを求めているということ。





さて、現代の特にここ最近では、多様性の確保や尊重が高く叫ばれるようになった。
古くは女性参政権、黒人差別の解消、
障害者も不自由なく暮らせるバリアフリーやユニバーサルデザインの推進、
パラリンピックの開催、オリンピックに偏らない報道への変化、
差別用語の禁止。ビジネスマンからビジネスパーソンへ。
LGBTへの偏見の解消、同性婚の制定。

元来、人類は平等である。
文化と社会、無知が差別と偏見を作ってきた。
これからの時代はそれらと決別し、多様性を認め、手を取り合って行きていこう。

多様性の推進、それは一見、生きやすい世界作りのように思える。
しかし、その内実は、どんな発言をも差別、偏見だと捉えられてしまう窮屈な世界である。


日本でセクハラという言葉が普及してから会社で気軽な発言しにくくなったと
世の男性会社員たちが呟いてから久しい。

特にSNS全盛の今では、ちょっとした発言がすぐに炎上し、
その人の専門スキル関係なく人間性が問われ、表舞台から姿を消す。

多様性という飴の背後には鞭がある。
みんな気を遣い、刺激しない発言のみをする。
表現がどんどんしぼんでいく。


一方で経済は悪い。
日本では不景気になってからもう20数年経ち、一向に良くなる兆しは見えない。
むしろ、僕ら「ゆとり世代」と括られる平成世代は、そもそも成長する経済なんて知らない。

拡大する貧困層。格差。
ネットに逃避しても、些細な、ローカルな発言でさえワールドワイドに広がってしまう
ギスギスした社会。
それでも人は、良い人の仮面をかぶって、生きていく。

インバウンド効果で経済回復に期待!どんどん外国人に来てもらおう。
愛に性別なんて関係ない!弊社はLGBTフレンドリーな制度を作ります――





人間の言動の根源ってなんだろう、と考えたことがある。
本を読んだり、人から聞いたりした所、次のような結論に落ち着いた。
好きか、嫌いか、である。
生理的に受け付けるかどうかである。
「男同士がキスなんて寒気がする」
「バリキャリの女性は苦手」
「黒人と同じプールには入りたくない」

それは瞬間的に脳みそに生じる感情であり、制御は難しい。
制御して、ぐっとこらえてからのち、「社会的に正しい」ことを言うことが求められる。

でも、こらえたその感情はガス抜きされず蓄積される。
多くの人が、気持ち悪いものは気持ち悪いと、何事にも縛られずに言いたいのである。


社会的拘束力の強いものと弱いものがある。

例えば、日本では部落差別や同和差別の解消の歴史は割りと長いので、
ヘイトを言った方がワリを喰うという意味で、縛りはキツい方だと思う。
(もちろんすべての土地で差別が解消してはいないが)

一方で、LGBT関係はまだまだ歴史も浅いし、生理的感情に直接引っかかりやすいテーマなので
縛りはまだまだ弱い。
要するに「おまえホモか」と言って、発言者が罰せられる可能性は低いということ。
(そもそも被発言者が泣き寝入りをするパターンが多い)

中間的な所でいくと女性差別だろうか。
女性の社会進出推進と言いつつ、育児との両立はどうするんだとか、
イクメンという言葉が逆にマイナスの効果を発揮し始めてたりとか、
3歳神話とか、日本死ねとか、
かなり世界レベルからして遅れをとっている感はある。

まあいい。要するにヘイト感情を発言するのにはそういった縛りの強弱があるということだ。

だいたいの人は、縛りの弱いものを対象にしてガス抜きをする。
ガイジ、ホモォ…。
他人を見下し、マウントをとることで、必死で生きているのかもしれない。



多様性が推し進められた社会では、このガス抜きの手段が狭められていく。
ちょっとした発言が「ヘイト」となる。

経済的にもうまくいかず、あらゆることへの生理的感情さえガス抜きが許されない。
閉塞感は世界的に広がっているように思う。

そうした世界に登場する、ナショナリズム的思想と煽動者。
「日本を取り戻す」
「EU離脱」
「偉大なるアメリカ」

たまたまその国がそうした状況になっているのではない。
この閉塞感をなんか打破してくれそうな政権、人、政策。
普段思ってるけど言えないことを表舞台で言ってくれる人。
そうしたものを求める人が、無視できない人数で増えてきているということだ。

トップがヘイトを言ってくれるのは、下々の者にとっては大変ありがたい。
何を言っても、「だって上の人も言ってるじゃん」「みんな思ってるんでしょ?」と
開きなおれるからだ。

一定層が多様性の推進をすすめるほど、
生理的に受け付けない人の我慢は限界に達し、極端な世界がやってくる。
二極化社会はもう生まれている。



最後に…

ぼくらゲイに関する社会的言いづらさの縛りは弱い。
普段の何気ない会話の中にもジャブのようにアンチホモの話題が差し込まれてくる。
とてもじゃないが、職場や友人にカミングアウトできる状況ではない。

それでも昔よりは良くなってるとは思うが、今より更に良い状況になるとはなかなか考えられない。
現実に、同性婚が合法化されているアメリカで、
既に個人レベルで毒のあるガス抜きが始まっている。
「ゲイファミリーは地獄に落ちろ」と。

日本でもつい最近、別の問題と合わさってのことだが、
「絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい…」と
なかなかに辛い内容の報道があったばかりだ。

人類はこれからどういう道を選ぶのだろうか、
もう破滅への引き金はひかれてしまっているのだろうか。

それとも、これは必然の流れなのだろうか。




「多様性の尊重」に疲れきったこの世界で。



スポンサーサイト

コメント

#-

カミングアウト出来る状況じゃない、だからカミングアウトしない、では周囲も社会も変化しない。カミングアウトで状況を変えられるかもしれない。同性愛など性的指向に対する揶揄はセクハラであると厚労省は言っている。

でも、カミングアウトしてもしものことがあったら、という気持ちも分かる。
難しいですね。あまりネガティブな方向、予想をしすぎないことです。

2017年03月01日(水) 10時07分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>kさん

コメントありがとうございます。

カミングアウトしないと状況は変わらないけど、状況が状況だから、カミングアウトがしにくいというジレンマはありますよね。
結構センシティブな内容で、しかも個人差が大きいですから、あまり一般論的に語ったり考えたりしないほうがいい題材のようにも感じてはいます。

ネガティブな方向に予想をしすぎないこと、というのは、なるほどなあと思いました。

2017年03月02日(木) 20時41分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。