煩悩遍路 後序

というわけで、ようやく四国遍路の記録を書き終えました。いやー、8ヶ月もかかっちゃいました。でも年度末には終えることができてホッとしてます。

遍路を終えた後は、家族からもびっくりされるくらい表情が良く、且つ、浮世離れしたようなオーラがあったらしい。いまではすっかり現実世界に戻っちゃってますが、そういう経験が出来たのは本当に良かったなと。

お遍路の記録を書いてみたわけですが、長旅と同じように、書くという行為にも、少年期、青年期、壮年期があるように思う。文体や構成に、だんだん落ち着いてくる(刺激が少なくなっていく)方向の変化があるのはそういうことです。

長く何かを続けることの楽しみには、それによる変化自体も含まれているのかも。

また、お遍路という旅には県ごとに「発心」「修行」「菩提」「涅槃」という区切りが設定されているんですが、思い返してみるとたしかにその通りの心境や行動の変化があったなぁと感じられるところも面白かった。





ここからはつらつらと思ったことを書いていきます。

●もらったお接待はこんな感じ。物心ともに助かった。
・飲み物(お茶、ジュース、栄養ドリンク)
・お菓子(市販のもの/手作り)
・ビール
・たこ焼き数個追加
・飴
・ティッシュ
・サンドイッチ
・車に乗せてもらう
・バナナ
・野宿場所の情報
・カロリーメイト
・現金
・スモモ
・うちわ
・靴の乾燥用の新聞
・パン
・ミニ仏さん
・三葉松
・お好み焼き
・トマト
・寿司弁当

●歩き続けていると、普段は感じないことも感じられるようになった。太陽がすごく好きになるし、田んぼや畑の野菜の成長(=季節変化)を感じるし、土地ごとに景観の変化も土や砂の色レベルでよくわかる。

●野宿2~3:宿1くらいの割合だったけど、なんといっても宿は安いし急な予約でも対応してくれてありがたかった。でも将来のことを考えるとちょっと心配だったり。四国には「遍路宿」が多くあって、どこもお遍路さんを対象にした、遍路道沿いにある宿。場所によってはお遍路さんしか泊まらないであろう所もあって…だいたいが高齢者がお店をやっている。あと10年もすれば継続が厳しくなってくるところが沢山出てくるんじゃなかろうか…と思った。

●食事事情も書いておきたい。ぼくは自炊道具を持っていかなかったので、基本的にコンビニやスーパーで2,3食分のパンやおにぎりを常に買っておきつつ、食べ物屋さんを見かけたらそこに入ったり、という食生活をしていた。それに加えて、カロリーメイトや魚肉ソーセージ、飴なども常備。飲み物も死活問題だが、全部買っていたのではお金がかかるから、トイレでペットボトルに水を汲んでそれを飲んでいた。3回目の区切りでは粉末タイプのスポーツドリンクも用意したが、水がぬるいとそんなに美味しくない。
途中で出会ったお遍路さんは、遍路の食環境は良くないと言っていた。毎日コンビニのおにぎりばかりを食べていると身体には良くないし…かといってコンロを持ってきたとしても、カップうどんやそういうものだったらあまり状況は変わらないし。こだわるほどに荷物は増えてしまう。外食ばかりだとお金がかかりすぎる。という感じで…汗
毎日30kmくらい歩いていると、本当にお腹がすくし、タンパク質を身体が欲しがっているのがよくわかった。だからぼくはよくカツ丼を食べたい欲にかられていたし、豆乳を飲んだりしていた。食べ物はすべてのエネルギー源なのだということと、その質をどこまで求められるのか、という問題を知ることができた。





さて、ここからは後日談。

100日遍路のマサさんに絵葉書を送ると、しばらくして彼のお遍路レポがどーんと届いた。所属しているグループで報告会もしているようだ。そのレポの中で一番印象的だったのが、「縁は自ら創るもの」という言葉。彼はお遍路中、四国にいる知人に多く会っていたようで、自ら連絡をして会い、縁を創っていくようなニュアンス。
ぼく自身では、お遍路は出会いの旅だったこともあって、「縁は偶然生まれるもの」という認識が強かった。でも、「創る」タイプの縁もあると気づいた、というか、偶然生まれる縁に対して、その後、自分から連絡をしたりして、縁を創っていくことも大事ということを知った。偶然生まれるタイプの縁と、自ら創るタイプの縁。面白い。

高知~愛媛でたびたび出会っては別れるを繰り返していたリクくんは、自分の実家と近いということで、年末に再会した(創るタイプの縁である)。当然お互い普段着なので、白衣を着てないのが逆に違和感があった(笑)。愛媛で別れてからその後どうしたかとか、現実世界ではどうかとか、仲良くしていた人々とその後連絡をとっていたぼくからの情報とか、色々話した。
リクくんもブログをやっていて、すごい大作なので読むのには時間がかかったけど、面白かった。自分も途中に登場するし。自分が主人公の物語の外伝をずっと読んでいるような感覚で、不思議な魅力があるもんだ。

シロさんとも連絡を取り続けている。たまに登山すると写真を送り合うくらいだけど。元気にやっているみたいだ。いつかまた会いにいきたいと思っている。





結願直後にメモしていた言葉を見つけたので、ここにいくつか挙げてみる。

・人生万事塞翁が馬
・どの人にもドラマがあり、哲学を持っている。
・ゆっくり歩いて寄り道した方が面白い。
・人に話しかけよう。面白いことが起こる。
・困ってもなんとかなるし、その困っていることは自分が勝手に作り出したものかもしれない。
・やりたいことは、やろう。

この中では最後の「やりたいことは、やろう。」が気に入っている。ずっとやりたいと思っていたお遍路をやった直後の感想なので、ほんとに、やりたいことをやってみて良かったというリアルな感想が詰まっている気がする。



そして、この言葉の通り、ぼくはこの3月末で退職することにしました。4月からは、大学のときに専門で勉強していた分野の仕事に転職する。これは、お遍路中にもおぼろげながら考えていたことで、あれから随分と時間は経ったけど、ようやく決めることができた。動いてみると思いのほかすぐに採用内定をもらえたので、ホッとしてます。
転職ということで、また住む場所も変わっちゃうので現在絶賛引越準備中なんですけど、ワクワクと安心感のある転職なので、結構穏やかな気分です。

将来、この時期を振り返ることがあったとして、お遍路してみて変わったことは?と聞かれると今回の転職を挙げることになるのかもな。とはいえ、どっちみち鬱になった時点で今の仕事はちょっと厳しいな…と思っていたのではあるけど。その背中を最終的に押してくれることになったのがお遍路だったという表現もできるかな。

長い休職期間が終わって、4月から新天地でようやく現実世界に戻ることになるわけですけど、無理せず、ゆっくり歩いて、面白いことを見つけながら生きていこうと思います!


ではでは!


スポンサーサイト

煩悩遍路 高野山へ

高野山

結願の日から5日。
夕方、和歌山県は九度山、町石道の途中の展望台にいた。
今夜はここの東屋で野宿をする。

町石道は、南海電鉄の九度山駅から高野山へ続く、22kmほどの山道である。
高野山へはケーブルカーでも行けるが、なんとなく歩いて到達したかったのでこのルートにした。

16時すぎに、おっちゃんが下山してきた。
歩くのが好きで、近場にある100kmくらいのトレイルをいくつか歩いているらしい。
お遍路さんでは無いようだ。

「四国遍路、終わったんですけど実感がなくて」
「今は無くてもそのうち出て来るかもね、数年後とかに。少なくとも自信にはなるよね」

「色んな人に会い、その人の価値観に振り回されてみるのは大事。考えるきっかけになる」



展望台なだけあって、夜景もきれいだった。
自分ひとり、いま世俗から離れて山の中腹で野宿しているんだ…と実感する。
うれしいような、さみしいような。

野宿するのも、今夜が最後だ。



夜が明けた。7月23日土曜日。
朝焼けが眼下の川に反射して、神秘的な美しさだった。

いい天気だ。高野山へ、いざ出発。

途中で、後ろからおじさんが追いついてきた。
区切り打ちでお遍路をしていたらしく、ぼくと同じく今日高野山へお礼参りに行くとのこと。

ペースが結構早く、12時半には高野山の大門に着いた。
ここは26℃。涼しい。



高野山は広かった。その中の道路を歩き、奥の院へと向かう。
土曜日ということで一般の観光客も多く、菅笠と白衣は多少恥ずかしいけど、
やはりそこは高野山。
車やバスで遍路を廻ったのであろうおじさんおばさんが、結構話しかけてくれた。
仲間意識みたいなものを感じてくれていたのだろうな。



奥の院へ行くと、杉の巨木がボンボン生えていて、厳かな雰囲気がそこにはあった。
武将たちのお墓もある。

奥の院のその一番奥へ。
この先には、かつて空海が入ったきり、誰も入ってはいないという。
そこから、今でも空海は生きているという伝承ができているようだ。

今でも、ここのお坊さんは毎日空海用のご飯を準備している。



空海さんに、88ヶ所めぐりの完了を報告。
そして、手前の納経所にて、納経してもらった。
「歩きで廻ったんですね。結願おめでとうございます」



これで本当に、ぼくのお遍路は終わったんだなぁ。



その後、また2日ほど名古屋で友人と遊んだあと、電車で家へ戻る。
大垣駅からの車内、ボックス席でたまたま向かいの席に座ったおじいさんが、
ぼくの荷物を見て話しかけてきた。
以前、ツアー遍路の説明会に行ったことがあるらしく、羨ましがられた。



四国という土地を離れても、見知らぬ人と話ができる装置、それが
四国遍路なのかもしれないな。

おじいさんはこう言って、電車を降りていった。
「満願成就おめでとうございます」

【完】


GO TOP