祝!ゲイ自覚一周年w

今日は、僕がゲイ自覚してちょうど一年です。

そう、去年の今日よりも前は、自分がゲイだとは思いもよらなかったんですw
(なんちゅう鈍感野郎だw)

ということで、高校篇をすっとばして今回は大学篇のお話を書きます。
長いですけど…m(_ _)m



---



それは2010年10月29日の夜のことでした。


サークルの飲み会で、いつものように“ゲイキャラ”としてからかわれていた僕は、
いつものように全力で否定していました。

そう、僕はまだゲイとは何なのかを知らなかったのです。


いつものような流れでいたならば、まだまだゲイ自覚はしていなかったかもしれない。
でもその日は違いました。

飲み会が終わって家に帰り、何を思ったか、インターネットで「ゲイ」と検索してみたのです。

これが僕のゲイライフの幕開けでした。



ゲイとは、男として男が好きな人のことだ…と。
遠い外国の人達のお話ではないのです。


いろんなブログがありました。

大学生がこれまでの人生を綴ったブログ。
結婚した後にゲイに目覚めた人の暗闇日記。
会社のすきな先輩と次第に恋人になっていくブログ。


中でも、その時僕がゲイだという決定打を放ったのは、
野球ユニフォームフェチのゲイが集まる掲示板があったことでした。


中学時代から野球着に異様な執着と憧れを持っていた僕は、
それが一体何に由来しているのかまったくもってわかりませんでした。

しかし、そのサイトを見て、
僕がゲイだというのを確信したのです。


そうか、僕はゲイなんか、
やけぇかっこいい男性を見ると心が変なことになるんか。
やけぇ女性についての猥談に全くついていけんのんか。



中学一年生から9年間、ずーっとよくわからなかったあの感情が、
「恋」
であったのだと、
ようやく気づいたのでした。


それはなんともいえない体験。
心の中の霧がスーーーーっと晴れる感じ。


それまでは、女性に一切何も感じない自分は、単にそういうことに対する感情が
非常にドライな人間なんだ、というふうに思い込んでたのです。
でも一方で、そんなはずはない、とも思っていました。


しかし、いままでのモヤモヤの原因が、
「ゲイ」
というたった一言で説明がついたのです。


深夜にありながら僕は興奮状態でした。

ゲイのブロガーさんたちの文章を読む度、
そうそう、これあった!^^
恋バナ、ついて行けんよなぁw 仲間がいた!


安堵というかすっきりしたと同時に、今度は果てしない恐怖感が押し寄せてきました。

「これからどうしよう…」

カミングアウト?友達に?親に?
何ていうのか?僕は男が好きなんだ、と?

結婚はできないのか…。いや、できたとしても子作りができるはずがない。
そもそもゲイって将来どうやって生きていけばいいんだ!!


いままで割りと順調に進んでいた人生が、一瞬にして崩れ落ちた(と感じた)のです。

いや、今考えなおすと、それはノンケ社会の創り上げた理想でしかなく、
当時の考えが間違っていたと分かるんですが、
仕方が無いことでした。



それからしばらく、いままでないほど精神状態が不安定な時期が続きました。
毎日、「僕はゲイだゲイだゲイだ…なんでなん?」と泣く日々。
絶望でした。


でもいまは元気です。

あれから1年、色々と成長できました。
あっという間でした。

もしゲイじゃなかったら知らなかったことがたくさん。
知り合えなかった人がたくさん。
様々な経験も得られました。


確実に、ゲイ自覚後は、「自分」というものをしっかりと捉えることができるようになりました。
僕はドライな人間じゃない。恋だってできるんだ!という嬉しさもありました。



いまでは、ゲイでよかったと考える余裕が少しずつ出てきました。

この調子で、次の1年間はもっと成長したいな。
スポンサーサイト

野球のユニフォーム

先生シリーズその4

使ったもの: 鉛筆(ハイユニ3B)、水彩絵の具




野球のユニフォームってかっこいいですよね(^O^)v

野球選手って絶対ユニフォーム補正あると思うw
あと帽子補正。


野球ユニフォームカタログはずっと眺めてても飽きないです!
ゲイにはユニフォーム好き多いみたいで、
野球しているわけでもないのにユニフォームだけ持っている人もいるくらいで…

僕も買おうかな~いつか(*´ω`*)←



この絵は、しばらくご無沙汰してた「先生シリーズ」その4 です。
野球部の顧問という設定でおねがいしますw(僕得)


最近、絵を描くことが楽しすぎて、
いっつも次の絵の案を考えてたりしてる♪

描ける暇があるうちにしっかり練習積んでおきたいっ>_<


いつか…絵をたくさん載せたそれ専用のHPつくるのだ~!

大きい存在

僕がゲイコミュニティーで活動を始めた時期の初めの方から仲良くしてくれている40代くらいの人がいる。
その人とは、このブログで以前書いたけど、祇園祭の時に実際に初めて会った。今回で3回目。

ずっとまえに記事にしたきりなにも報告してない彼氏(仮)に会えたのはその人のおかげ笑
(ちなみに彼氏(仮)はおそらく彼氏(真)にはならならない感じですw単なるいちゃいちゃできる友達…な感じだなw)


そして先日、その人とはじめて2人きりで話す機会ができた。
…というか、僕から連絡をとって機会を作ってもらった^^


その人は仕事が忙しいので23時くらいからだったが、マンションにお邪魔した。


僕は普段、大学のLGBTサークルで同年代のゲイ仲間とは会って色々他愛もないことを喋ったりしているけど、
そこには当然、上の世代の人はいない。
いろんなことの相談相手になってくれるような人が。


で、意を決してその人(Sさんとしましょう)に連絡して、話しに行ったわけ。

---

相談と言うよりは、なんとなくこれからが不安というか、
自分がどうなっていくのか・どうしていけばいいのかがわからなくて、
Sさんの経験談を聞きたかった感じかな。



まずは、親にはカミングアウトしているんですか?からはじまった。

Sさんはカミングアウトはしていないらしい。でもおそらく親は気づいているそう。
でも、「ぼんやりと気づかれている」と「カミングアウトする」とは決定的に違うらしい。
言ってしまうのは、契約書に判子を押すようなものなんだと。
「ゲイである息子」というものをつきつけてしまう。


学生時代にオカマっぽいと言われていたこと、
男性に目が行く自分と「同性愛者」とが結びつくまでに時間がかかったこと、
本屋でゲイ雑誌をみつけて、自分だけじゃないんだ、と安心したこと、

ひとつひとつがグッときた。



ゲイ仲間の作り方は、今と昔とで全然違うものになってきているらしい。
今でこそ、ネットの掲示板やSNSを通じて知りあえるし、頑張れば数時間後に会うことだって可能だ。

でも、当時はゲイ雑誌の掲示板で近場の人を探して、手紙を出して、
連絡するのにも1週間以上かかる。

だからこそ、よっぽど相性が悪くない限り、ひとつひとつの出会いを大切にしていたそう。
特に田舎ではめったに会えるもんじゃない。
今はある意味軽い、とSさんは言っていた。
でもそういう簡単に出会える便利なツールがあるが故のことだし仕方ないよね、とも。
それが悪いというわけでもないし。


また、Sさんがノンケの同僚を好きになったときのお話(ノンケはノンケだということ)、
勢いで好きだと言ってしまったこと、
一時期、ノンケになろう!と思ったけど無理だったことなども興味深かった。
へ~、いろんな経験されてたんだな。

ゲイとして活動し始めてからどういう友達ができたかとか、昔いた相方とのお話とか、
Sさんの半生をずっと聞いてると、自分はどうなっていくのかな~と考えてしまった。


結婚についても、
女性と結婚して、もしかしたら女とでも行為が行えるかもしれないし、
家庭を築くっていうのは性的な話だけの問題じゃないから、世間体も加味すると、
ゲイ同士で暮らすよりも居心地の良いものになるかもしれない、と。
そのへんは各個人が考えなくちゃならないし、人による。

色んな考え方があるんだな~。



僕はまだゲイと気付いて1年くらいしか経ってないからゲイとはなんぞや、とかがぼや~としていて、
それに伴って、将来のことも予想がつかない。ロールモデルが少ないのだ。

そんな僕にとって、Sさんは人生の先輩である。
今回話したことで色々と心の中に残った。
これからの歩む道のうちの一例を聞かせてもらって、とても勉強になった。

正解なんてないけど、自分にとってベターな道を模索して進んで行こうと思えた(^o^)丿
まずはゲイライフを楽しむこと!
せっかくゲイに生まれたんだから!←え

---


親に相談できない内容なだけに、自分ひとりで抱え込んで思いつめてしまいがちだけど、
親以外の大きい存在にじっくり相談できたことは、これからのゲイ生活に大きなプラスとなると思う。

自分より大きい存在ってのは大事。頼ったり甘えたりすると不安は自然と和らいでいく。

また話しにいきます!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ


というわけで、心も身体もw満たされた一夜でした。

はじめて落ち込んだ日

高校に入ってもいまだ自分がゲイだとは思いもよらない日々が続いてました。
毎日勉強したり部活したり遊んだり。他の男の子と同じように。

ただひとつ、違うといえば、テレビや新聞に男前な人が出ると、なんとも言えないような気持ちになること。
僕の机の引き出しには、野球用具のカタログをひそかに入れていたりもw(選手がたくさん載ってる)

でも周りの奴らもこうしてるはずだと、勝手に勘違いしていたのが幸いなのか不幸なのか。


自分が他の人と違うだなんて微塵も考えずに過ごしてきた僕に、
ある日、とある事態が発生します!
(そんな大した話でもないけど(^_^))



高校二年生の年明け、ある大河ドラマが始まりました。

それは・・・「風林火山」!
主演は内野聖陽さん。

第一話を見て、自分の心に電気がはしりました。
かっこ良すぎる!!!


その数日後、本屋さんに行く機会があり、僕はためらわず、公式ガイドブックを購入。
そこには内野氏のいろんな写真がありました。

時代劇なので僕の好きな太い眉毛、肌が黒い(笑)。
特に風林火山は、野生感たっぷりに創りあげていたので、もろ好みでした!


そのガイドブックを見ながら過ごす毎日。
当然、勉強に集中できるわけがないw

後ろの方に、出演者の対談が掲載されていたんですが、
そこに載ってる現代の恰好の内野さんの写真に、僕は魅了されました(*´ェ`*)

その内の一枚↓
内野聖陽

毎日毎日眺めては、ぼーっとする。

自分でも、なんなんだこれは…と思っていました。


挙句の果てには、授業中も窓の外を見てため息をつくなどwww
数学のO先生から、「どうした?疲れたんか?」と聞かれ、
「いや~、色々あるんですよ・・・」としか答えられなかったですね。


四六時中、内野氏のことばかり頭に浮かぶので、まさかこれは恋なのかと初めて思いました。

部活中に友達に聞きました。


僕「ねぇ、恋って、どんなの?・・・」

友達「∑(; ゚ ロ゚)・・・ど、どうしたん!?ちかひらがそんなこと言うとか!」

僕「朱い実がはじける感じ?」

友達「まあそんな感じやけど・・・恋したん?」

僕「いや、違うけど・・・」


で、確実にこれは恋だと自分でも思ったわけです。
その日の部活後、僕は部室の前の犬走りに座り込み、膝を抱えて泣きました。


なんで僕は男の人を好きになったんやろう。

それもテレビの中の人やし。会えんし。


どうしようもない感情がどんどん溢れてきて、涙は止まりませんでした。
ちょうど夕暮れで、悲しさは倍増しました。


周りで友達は心配してくれていました。

何で泣いとるん?そろそろ帰ろう。


帰り道、いつものように4,5人で帰りました。
僕はなにも言わず、落ち込んだまま。

友達「どうしたん?なんかあったん?」

僕「いやー、男としてショックなことがあってね・・・」

友達「ED!?www」

僕「違うっちゃー!www」


ちょっと元気でました(;´∀`)


しばらくたつと、次第に内野熱は和らぎ、自分がホモかもしれない疑惑は頭から消え去りました。

それでも、どこか引っかかる部分を抱えながら、そのあと3年半、ノンケとして生きていくのでした。

おかいもの

この前スキャナー買いました(^O^)/

学校のバイトでお金もらったので。


まあ安いやつですがちゃんと働いてくれて、すごく頼もしい!☆
これからは研究室にある、絵にちょっとスジの入ってしまうスキャナーを夜中にこそこそ使うという
生活とはおさらばです笑


ところで家電屋さんにいってこれを買ったんですけど
最近はスキャナー単品ってのはあんまり種類がないんですねー。
たいていプリンターと合体してました。

僕はプリンターはもうあるんで単体でいいんですが…(´∀`∩)


いまちょっと忙しいので全然絵を描けてないんですが、
また描いたらアップするぜ!!(待っている人がいるかどうかはしらないけどw)

pixivにたくさん絵を置いてるので、よかったら覗いてくださいね☆


---

前回の記事について数名からメッセージをいただきました。

検査結果についてまだ聞いてないので何とも言えませんが、たぶん大丈夫だろうと気楽に受け止めて、
僕に関してはいつも通り過ごしています(^o^)丿

ご心配おかけしましたm(__)m

GO TOP