野球選手1

野球選手1

使ったソフト:AzDrawing2, Photoshop Elements


古本屋さんで、とあるプロ野球球団の写真集を発見!
気づいたらレジに持って行っていた…!!!!(゚д゚)!

恐るべし野球フェチ…


別にそんな好きな球団でもないんですけど、やはりユニフォームはいいですね!
恰好良いポーズが多かったので、模写してみようと思って、とりあえずこれを描いてみた。

もちろん顔もユニフォームも変えてますけどねw
ユニフォームはオリックス風に。あれ王道な感じで好きなのだ。


デジタル絵も最近コツを掴んできたかな~。
AzDrawing2 というフリーソフトが、線画が非常に描きやすくて重宝してます(´ε` )

この調子でしばらく野球選手の模写をしてみようっと!(^^ゞ
スポンサーサイト

模索中…

たまにしか更新しない、文章力もないこんなブログだけど、見に来てくださる人が一定数いる。ありがたいことだ(^^ゞ

僕はゲイ活動として、このブログと同時にtwitterもやってる。(他のSNSもやってるけどそれは置いといて…w)
twitterは普段の何気ない感想とかしょーもないウヒャヒャな脳内をされしてるけど、
活動記録とか、マジメな話とか、きちんと文章にして残したいこととかはブログに書くようにしている。

ブログしかやってない時期が半年くらいあって、その時はリアルでの活動とは区別するようにしてた。
twitterも、普段会うゲイ友にはアカウントを言わず、あくまで"ネット上の活動"という位置づけで最初はやっていたのだけれど、

ブログを見ていた人でtwitterに来て絡むようになった人がそこそこ。
Twitterからブログに来てくれた人もそこそこ。

要するに、色々とごっちゃになってきたわけです笑
まあそれが楽しくもあるんですけどね~(´ε` )
実際会った友達と、ブログの印象とかの話するととっても嬉しいのであります!


まぁただ、一つ問題なのは、素顔を知られた状態で自分の考えなんかを晒すのは結構恥ずかしい。
恋愛の話なんかは到底できなくなってしまったなぁ(笑)
まあそんなにするつもりでもないけど…w

ブログを変えようかとも考えた。
でも一年以上やってきた積み重ねがあるし、読者の人もいる。


いま考えているのは、絵を中心にしていこうかな~なんてことだ。
とはいえそんなにしょっちゅうゲイ絵描いてるわけでもないから難しいかなぁ^^;
半生日記も書き終わっちゃったし、あんまり記事にする内容がなくなってきたというのも正直なところなのです笑


というわけで、どういうようにこのブログを進めていくか、模索中…!


ゆったり生活

先日、友達がうちに4日間泊りがけで遊びに来てくれた。
彼と会うのは二回目。

ちょっと日程が空いてたので、ブラっと来てもらいました(^^)v

彼はすごくマイペースで、いつもどっしり構えてるというか、ゆったりしてる。
ついつい僕も影響されて、話し方がゆっっくりになってしまったり笑

でも、それがすごく心地よかったんですよ~。

いつもゲイ友と会う時って、なにか喋らないと~みたいな感覚になっちゃって、
慣れてないくせに沢山しゃべって疲れちゃうこともあったりするんですけど、
今回はそういうのがなくて、ゆったり過ごすことができました。

そもそも4日間で何したかって言うと、二日目に観光を半日しただけ…な気がするw
そのくらいふにゃ~と毎日すごしてましたw(後半の二日間は僕が学校に行ってたというのもあるけど)
建仁寺の畳で一時間くらい風にあたりながら休憩してたんですけど最高でしたねー。
いつも自分が行く時はささっと廻って出ちゃうんで、こういう巡り方もこれからしていこうと思いました。


今回、彼の生活スタイルを見て、まあ褒められたもんじゃないものも沢山あるけどw、
いくつか参考になったところがありました。

いつもどちらかと言うと精神的にも肉体的にもセカセカ過ごしてしまっている僕だけど、
見直してみるのもいいんじゃないかな~なんて!(^^)!
人との交流は、違う価値感やスタイルに触れて影響されることなんだなと思った4日間でした。

ハワイいってました

お久しぶりです!
全然こうしんしてなくてスミマセン。

夏休みということで、8月後半からハワイに家族旅行に行って来ました( ´∀`)b

いやぁ~ハワイはいい!湿度が低いとあんなにも過ごしやすいもんなんだなぁ。
サンオイル塗って少し焼いて来ました。ほどよくですけど。

外人さんってなんであんなに身体がでかいんでしょうね笑
体格がよくて焼けてて海パン姿なので、そういう意味でも大満足でしたよ。


さて、カミングアウト以来はじめての家族旅行(姉以外)だったんですが、結論から言うと、
「雨降って地固まる」でした。

カミングアウト以来、母親は僕が急に冷たくなった、今までの僕と違うと感じていたようです。
たしかに言われてみると、色々とゲイに対して心配する母親からの言葉とかが鬱陶しく感じてそのまま突っぱねてしまったりしていたなぁと。正面から向きあうのを避けてしまっていたんです。これは本当に反省すべき点です。
昔はマザコンとも言われて母親にベッタベタだったこともあって、母親にカミングアウト以上のショックをあたえてしまっていたようです。

なんか僕のほうから母親に壁をつくってしまっていた。(ーー;)

で、ホテルで夜にそういうはなしになって、母親が泣き出してしまいました。
僕と兄と父で色々話(説得)して、僕も自分のエピソードとか織り交ぜながら、決してお母さんが嫌いになったわけじゃないし、単にお母さんの過剰な心配が嫌になっただけ、反抗期なのかも、でもお母さんを見捨てるとかそういうつもりは全くない、とかいう話をしました。

ここには書ききれませんが、ほんとにいろんな話をしました。


最終的にわだかまりはとれて、僕も今までのように接することができるようになりました。
お母さん、ごめんね。さみしい思いさせてしまって。

家族というものについて改めて考えることの出来た旅行でした。
カミングアウトというものの是非についても。
もうちょい慎重にやらねばと思いました。


まぁ、観光も食事ももちろんおもいっきり楽しんだけどね!(´∀`∩)↑
GO TOP