再考・我がゲイライフ 「優等生という仮面」 ①

こんにちは。
「再考・我がゲイライフ」と題して、自分のゲイ活動や日頃思っていることを整理していくことに決めて一週間。
あんまり整理できてないですが、いつも通り見切り発車でやっちゃおうと思います!


まずはじめに掲げたテーマは「優等生という仮面」。
(”仮面”という言葉は、もちろん三島由紀夫『仮面の告白』を意識してます)

今回の記事では、中学~高校あたりを振り返ってみる。



学生時代、いわゆる優等生キャラとしてぼくは過ごしてきた。
学生服のボタンは外さずホックまで止め、勉学に励んで成績は上位を狙い、学校の規律を(妙に頑なに)守る。
昼休みに職員室に行って質問をしたり、○○委員会の委員長もする…etc.

こういった優等生の意識は、小学校高学年あたりから芽生えてきたように思ってて、
それは、まあそれなりに成績が良かったことからの自然な流れ、かなと。
そして、優等生キャラは決して無理していたわけではなく、これはこれで居心地良かった部分もある。
「型」に自分をはめることで、思考すべき段階を無意識のうちに省くことができるから。



得てして物語では、優等生キャラは恋愛関係について疎い、というのが定番であるが、例に漏れず僕もそうだった。
周りは女の子にどんどん興味を抱くようになり、自慰やらナニやらについての知識も習得している一方で
僕は中三まで何にも知らなかった。

恋愛に奥手、というよりも、自分の感情がよく分からなかったというのが正直な所。
異性に対して何も思わないから、”恋愛感情”が何なのかが分からない。
だから、異性に対してガツガツしている同級生を見て、「恋に恋してる」なーんて評して、内心見下すこともあった…。
自分は優等生だから、感情を制御できている。中身の無い恋という形式に振り回されてなんかいないんだと。


その裏で、中年の男性教諭には激しい感情を抱いてたのが現実でした。
(それが恋愛感情だと知るのは随分先のこと…)

でもそれも、自分の中では”憧れ”として片付けた。
自分は成績が優秀だし他よりも大人っぽいから、目標も大人なんだ、だから憧れの気持ちが強いんだ、と。




自分は優等生である。
自分を律することができていて、同級生とは違う。
恋愛なんて低俗なものに振り回されない自分が優等生然としていてかっこいい。
目標が高いので、先生に対して強い憧れを抱くのだ。



無意識に自分を優等生キャラという「型」にあてはめていたから、
思考段階を無意識にすっ飛ばしてて、
恋愛感情に対する疑問が浮上すらしなかった。


「優等生キャラ」が良くも悪くも、「ゲイ」なる自分を見えなくしていたのである。



スポンサーサイト

再考・我がゲイライフ 序論

どうもこんにちは、ちかひらです。

ちょっと思い出話…。

このブログ、開始したてのころは「半生日記」なるものを継続して書いてました。
小学生のころから大学生のゲイ自覚に至るまでの自分のこと。振り返ると元々ゲイだったんだね、ということ。
その頃からブログ読んでくださってる方もいるかと思います。

それがだいたい終わると、その後は毎回何かしらのテーマでゲイについて語る、という形式になったんだけど、
そんなにポンポンテーマを思いつけるわけもなく、かなり更新ペースが遅くなっているという実情が。

そういうこともあって、最近、また1つテーマを掲げてそれについて複数回にわたって考察してみたい、という気持ちが強まってきた。


何をテーマにしようか、と考えた。
実は少しばかり前から、「自分の性格や行動様式」と、「ゲイという要素」との関係性に興味がある、というか、
考えることが多くなってきてて、1回整理しときたいな、というのがあったんだった。

自分の性格。
自分のゲイ観。

これをいくつかの視点から考察してみたいと思った。
つまり、自分のこうこうこういう性格が、ゲイライフのこういう面に現れてるよね、といった感じで。


しかし性格というのは一側面から語れるようなことじゃなくて、育った環境やら経験やら素質が絡み合って形成されてる。てことは、つまり、もう一度自分の半生について振り返んなきゃならんわけ。

うひゃ~。ここにきて、「半生日記」の再来だ。
長年の読者さんには同じことを繰り返し語ることになるかもしれない。むむ。



でも、前回とは大きく違うものになるという確信はある。

前回はただ時系列に、起こったことや感じたことをつらつらと書いていた。
今回は、テーマ別に、自分の性格・性質とゲイとの関連を考察していきたい。より自分の内面の深い部分を綴っていくことになりそうだ。(今まで以上に自己満足の記事になりそうな予感がぷんぷん…汗)


さしあたって、今のところ話題にしてみたいテーマは以下の通り。
・優等生という仮面
・内なる悪人
・末っ子特質
・心配性
・初恋
・体毛コンプレックス

1つのテーマについて、記事10件を目処にまとめてみたい。
最初はどれにしよう。書きやすそうなもの…「優等生という仮面」、かな。

更新はせめて週一くらいはしたいと思ってる。どうだろ。



ここいらで序論はおしまいとしよう。
改めて自分という存在を振り返るいい機会としたい。

長丁場になりそうだけど、どうぞよろしく、お付き合いください!







中年同期の飲みの後

中年同期の飲みの後

使ったもの:MAXON sketch Liner、透明水彩


どうも!ちかひらです。

最近一枚絵を描いていなかったので、リーマンを描いてみました。
部長とかそこらの立場になった同期二人が、旧交を温めているイメージで。

いやー、中年リーマンっていいですよね。
僕もいつかああいうイケオジサンになれるかなぁ。いや、ならねばならない!ムキムキ


そういえば会社がクールビズを採用しているので、ネクタイが無くても恰好がつくワイシャツ(ボタンダウンとか)を購入しました。普通のワイシャツをただ第一ボタン外しただけだとどうもだらし無く見えちゃうんですよねー。クールビズの目的は節電で、だらしなくてもOKなのでは無い!!わけで。

そういう恰好のオジサンは顔が良くてもちょっと萎えちゃう!もったいないぞおっちゃん!
かといって暑さには勝てないのでノーネクタイはしゃあないですな。せめてボタンダウンにしてよ~(笑)

進路の決め手はなんぞや?

雨がはげしく降ってきた。もう梅雨ですなぁ。
キリスト教ではよく「恵みの雨」なんて表現を使います。
こう聞くと、なんだかずぶ濡れのズボンもいとしく感じられるようで、好きなんだよね。

という、鞄に忍ばせた折りたたみ傘を会社に忘れてきて颯爽とコンビニに傘を買いに行ったちかひらですこんにちは。
相変わらずスローペースの更新でお届け。


さてさて、社会人になってあっちゅーまに二ヶ月が過ぎ、ぼちぼち配属も決まってきた。
大まかな方向としては希望が叶った、のですが、細かい部分はちょいと希望から離れちゃいました。

でも、その希望というのも、狭いスコープで見てた上での身近に感じられる内容、というような安易な希望だったので、
研修を通して分かった自分の能力やタイプ、素質、向き不向き等を人事や上の人が総合的に判断した結果には殆ど不満は無いなぁ。

というか、むしろ希望じゃない部署に決まってよかったな、とさえ思ってたりする。


どうしてか?が今回の記事の本題。


僕は今まで、大小あれど進路を決める上で、タイプの大人がいるかどうか、という要素に重きを置いてきたふしがあるんだなーこれが!ある種の勘である。

大きいもので言うと、(前にも書いたかもだけど、)
いまの会社に決めたのは人事がかわいいおっちゃんだったから、というのも結構でかかったりする笑。
説明会やら面接やらで人事とやりとりする上でのモチベーションは高かったわけだ。

そして、進路決めをその勘に頼ったことは結果的にそんなに間違ってなかったと、少なくとも現時点では思ってる。


で、今回の配属。

配属される部署には今のところ知ってる人が二人いる。
一人は説明をしてくれたお偉いさん。さわやかな感じの、中年の割りとタイプなおっちゃん。
もう一人は、演習で自分のグループの講師をしてくれた中堅の坊主気味なむっちり無精髭先輩。

どちらも、他の社員さんとくらべて自分の中ではトップ5に入ってる!
心のなかで、そこの部署に行ってみたいかも…!って思ってたのは事実っスうっす。


希望の分野ではないけど、色々あってその部署に行くことに決まってみると、俄然やる気になってしまった。

相変わらずタイプな人に誘い寄せられる蝶々のようで我ながら滑稽だけど、
そういうのも含めた“勘”ってのも案外頼りになるものだと思うことにして、本配属が楽しみなわけです。

細かいグループがそのヒゲ先輩と一緒になるかは分かんないけどね。


いよいよ本格的に仕事が始まる。またまた新しい環境で。年上ばかりの中で。
でも僕ならきっとどんな所でも何かしらの楽しみを見つけて、モチベーションをあげながらやっていけるんじゃないかなぁと
思ってる。というよりも、そうありたい。


飛び込め!魅惑のオジサンワールドへ!


GO TOP