ゲイ自覚から5年が経ちました

どどーん!


なんとなんど、ぼくがゲイ自覚してから5年が経ちました!
5年ですよ。
なんかすごく遠い過去のように思われます。


あれは2015年10月29日の深夜のこと。

大学のサークルの飲み会で、いつもどおりゲイネタでからかわれるぼく。
いつもは笑って「そんなことないよ~」と否定していたのですが、
その時はなぜか妙に頭にゲイという言葉が残っていました。

中学のころから何度も何度もゲイ扱いされ、さすがに逃れられなくなっていたのは事実。
魔が差したのか、飲み会から帰宅して、ふとネットで「ゲイ」と検索してみたのがトリガーとなった。

その時、自分が心の奥深いところでずっと感じていた、男の人が好きなんだという本音を、
ヒットしたブログや掲示板の向こうのゲイたちが見事に文章化していたんですね。

それを読んで、昂揚感ととてつもない不安感に埋もれながら、
ぼくは自分がゲイであることをようやく自覚したのでした。


あれから5年。


絶望が、快楽が、焦りが、幸せが、涙が、希望が、ありました。
ノンケだったら絶対会わないであろう、地域も年代も違うお仲間さんと交流し、友達もでき、
友達に、家族に、カミングアウトしました。(いまはクローズド生活だけれど)
彼氏ができました。

いろんなことがあったなぁ。

あのころほどは「ゲイであること」に対して悩んだりすることは少なくなった。
確実に、ゲイだからこそ自分なんだと肯定的に思えるようになったなと思います。



このブログはゲイ自覚した翌年から始めているのですが、
自分の過去や現在の気持ちを文章としてまとめ続けていたということが、
自分のゲイライフをより良いものにしてくれたんだろうなと、自信を持って言えます。

そして、記事にコメントしてくれた読者のみなさんの応援も、力になりました。
ありがとうございました!


そして、これからのこと。

5年というと、会社でいえば、そろそろ中堅の仲間入り?ってところなのかな(笑)
どっしりと構えて、新しい局面を迎えた自分のゲイライフを作っていこうと思います。

今週末、新しい土地ではじめてゲイの人と遊ぶ約束をしてます。観光してきます。
友達になってくれるといいなぁ。



参考:
2011.10.29の記事「祝!ゲイ自覚1周年w
2011.12.08の記事「真実を知る


スポンサーサイト

読書の秋

読書の秋
使ったもの:Gペン、透明水彩、色鉛筆

こんにちは。ホームシック気味のちかひらです。

仕事はぼちぼち何やるかが見えてきたんですが、
けっこう難しい、というか野心をもって取り組まないと潰れてしまいそうな内容で、
自分に果たしてできるのだろうかと日々悶々としてます。

ま、やってみるしかないんですけどね。
これまでも、こんなの無理だと思ってもしばらくすれば案外ちゃんとやれてることってあったし、
それこそ全国の大人は仕事を何年もやってるわけですもん、自分に出来ないはず無いさ。

・・・と思えたら良いんですが。
どうもこのところ劣等感というか自信の無さがひどいです。

野心という意味では、デザイナーとかイラストレーターやってみたい、という野心はもとから強いんですよね。
ずっと封印してるんですけど、開放しちゃおうかなぁ。



さてさて、今回は読書をする野球部の少年を描いてみました。
制服+エナメルバックの組み合わせ、大好きなんですよね。

汗臭いエナメルバックを頭からかぶったら幸せになれそう。
と、中学生のころの僕は思ってました。

はい、今も思ってます!







物想う秋

ぼんやり

使ったもの:Gペン、透明水彩


こんばんは。ちかひらです。
いやはやすっかり秋ですね。

転勤で仕事が変わって、とりあえずしばらくは忙しくない日々が過ごせそうです。(当社比)

暇になったらやりたいこと、沢山あるんですが、
人間、時間ができると色々考えこんじゃうんですよね。

ボクの場合、暗い方向に考えこむ癖がある+環境の変化によるストレスもあって、
このところ少し気が沈みがちです。


無駄に沈んでいてもしょうがないので、難しめの本でも読もうと画策してます。
心理学とか哲学とか、ちょっと興味あるので手を出してみよう。


あっそういえば、先週、相方と付き合って3年が経ちましたよ~。
記念日は特に意識してないので今年も終わってから気付きました(笑)

3年経つんですね。
そのうち近距離恋愛だったのは半分の1年半・・・(苦笑)。

相方とは、もう家族みたいな感じになってて、遠い昔から知り合いだった気がするくらい。
これからも、よろしくね。



土地と思い出

こんにちは。新天地のちかひらです。

引越しが完了し、軽~く部屋も片付いたところで、4日間ほど、関西に旅行に行ってきてました。
疲れた身体のくせにようこのタイミングで出掛けるなぁ。ドMと言われても否定できないw


今回の旅では沢山の人と再会したり、初めて会ったりしました。
たっくさん喋って、思うことも沢山あるけど、そのへんはまあボチボチブログのネタにできたらいいな。


特にいい思い出となったのは、ゲイブロガーのヨースケ・ミライさんに会えたことですね~。
 『ときどきゲイ的哲学』-同性愛者の「感情」の哲学-
論理的な構成、考えさせられる内容およびシリアスさがファンでして。ユルい文章とのギャップも面白い。
ご本人は想像通りシブめの大阪のお兄ちゃん的な人でした。
ブログを読んだことの無い方はぜひぜひ見に行ってください。超オススメです。



さてさて、ぼくは今回「かつて住んでいた土地」に「観光客」として訪れました。
そこでふと思ったのは、自分の場合は、土地と各時代の思い出とが強い結びつきを持ってるのだということ。

子供時代を地元で、大学生時代を京都で、初期社会人時代を東京で過ごしたぼくは、
各時代と土地とが一対一の関係になってるような感覚を持ってる。
そして、それぞれの思い出は明確に切り離されている。ブチブチと。


これが、ずっと同じ土地(多少引越したとしても)に住み続けた場合だと
その土地に対する思い入れはまた違ったものになるんだろうか...
同じ土地にいながら、生活スタイルが変化していく。その土地を色んな面から見てきているわけだよね。
学生時代に行くお店と社会人時代に行くお店は違うように。

でも一方でずっと変わらず行き続けてる所もあったりして、
そういう部分で、人生の各時代が地続きになっている感じがするのかな、とか想像してみたり。

あとは、人間関係も違ったものになるのかな。
土地が同じだと、付き合う人間も変わらないことが基本なので、長い付き合いの交友関係が持ちやすい。
まあ、ネット主流のこの時代、特にゲイ世界だと、人間関係に土地の別はそこまで関係ないのかもしれないけどね。



以前、人生を変えるにはまず土地を変えること、といった趣旨の話をどこかで聞いたことがあるような気がする。
逆い言えば、土地を変えると人生が変わるということだ。

ぼく、人生変わりすぎてないですか?(笑) 
ちょっとした寂しさ、あるよ。

今回の関西旅行で会った人は、長く同じ土地に住んでいる人が多かったこともあって、
その土地土地に根付いた場所を案内してもらったり、常連のお店に連れてってもらったりした。
そういうものが、僕にはほとんどない。
あっても、その土地にいまぼくはいない。


僕はこの新天地に、何年いるんだろう。
この土地で、どんな思い出が出来ていくんだろう。
誰と仲良くなっていくんだろう。



とまあ、明日からの新天地での仕事開始を前に、
多少ブルーになってるちかひらくんのまとまらない気持ちでした。


ほなまた!


GO TOP