ゲイの世界、ノンケの世界

この連休で、親戚が大勢集まって温泉旅行へ行った。

知らないうちに、従兄弟たちに次々と子供が生まれていた。
わが一族は、空前のベビーブームである。
姉貴はとっくに二人育てているし、
兄貴も結婚して一年になるのでそろそろだろう。

親戚と会うとき、「彼女はできたか?」は決まり文句だ。
彼女どころではない。ぼく以外みんな結婚している。完全に取り残されてしまった。



以前、まだ兄弟や従兄弟たちが独り身だったときと違って、
いまでは各人が子守りに追われ、子供第一で動いているんだなと思った。

子供がグズってもなんとかできる場所で集まろう、
子供のご飯のことがあるからこの時間帯で集まろう、
温泉は交代で入ろう。

もちろん、親世代も孫のことを優先して考え、身を犠牲にして行動する。

私生活でもそうだ。
子供のためのおもちゃや服、安心な食材、各種習い事。
日々の支出や活動の大半を自分じゃなく子供に注ぐ。

それが当たり前の世界。



一方、自分はどうだろう。ゲイはどうだろう。

子供という存在ができない以上、
たとえカップルで同棲したとしても、
ノンケ一般家庭のような、自分以外の者を中心とした生活にはならない。

共有できる時間を大切にしつつ、お互いのプライベートな時間も大切にするような、
あくまで自分主体の生活の延長線だろう。

楽といえば楽。つまらないといえばつまらない。


ふだん、SNSなどでゲイ・コミュニティやオタク・コミュニティ(どちらも独身率高し)を見ていると、
趣味の時間など、自分を主体とした活動時間が多い。

それに慣れきっている自分。
そういう暮らしが理想だと思っている。


そして、親戚の集まりでいつも現実に引き戻される。
世間は、そうではないんだよ、と。




とまあ、暗い話になってきたけど、ぼくはこの話を「子供を作れ」に持って行きたくはない。
ゲイである以上、無理だから。

そうじゃなくて、最近の自分が、あまりにも思考のベクトルが自分に行き過ぎてやしませんかと
自問したいのだ。

人生のうち多くの時間を自分に使える以上、
自分が成長しなければ、自分がいい人生を送らなければいけないという強迫観念に
囚われてしまっている自分がいる。

内向きのベクトルに、わりとしんどくなってきている。

もっと、自分以外の誰かに目を向けて、自分から逃避してみてもいいんじゃないか。


自分の時間を大切に、と叫ばれている時代に逆行しているようだけど、
今の自分には、もう少し自分以外の時間を大切にしたほうがいい時期に思う。

具体的に何をすればよいのかはわからないけど、
ちょっとそうした気持ちだけ頭の片隅において、楽な気持ちで日々をすごしたい。

親戚の集まりにいって、ああ、みんなもやってるやってる、と落ち着いて笑えるように。























スポンサーサイト
GO TOP