煩悩遍路3日目「プライドと自己満足」―発心の道場―

3日目


やってきました「へんろころがし」。
標高700mまで登った後400mまで降り、また700mまで登った先に、12番焼山寺がある。
つまり1,400m分登るということで、通常6時間以上はかかるらしい。

とまあ、これだけ聞けばちょっと長めの登山じゃん、となるが、
普段歩き慣れていない人が遍路を始め、疲れが出てきた2~4日目にこれをしないといけないというのがミソである。しかも荷物が重い。



タカさんは寝冷えして体力回復してないから、焼山寺は飛ばして
国道192号線沿いに先のお寺に行くことにしたようだ。自由にやってるよな~。
羨ましい…、いや、単なるテキトーな人だったのでは…。


というわけで、ソロで焼山寺アタック。

いきなり山道に入り、登っていく。歩く人が多い分、整備も行き届いており、
道標も至る所にあるから迷う心配もない。
木漏れ日が気持よい。

眺めの良いところで休憩。ちょうど、昨日お参りした10番切幡寺が遠方に見える。
あそこから歩いてきたんだなぁ。

ベンチでは外国人のカップルと少し喋った。
スペインから来たということと徳島だけ回ったあと高野山に行くということはかろうじて分かった。



へんろころがしは、その名の通り、多くの歩き遍路がここで転がり、脱落する(?)
...ということを聞いて、長年の登山(山歩き)経験者としてのプライドが燃える。
ドンドン早く歩こうとしてしまう。
結果、すぐバテる。
優秀な登山者としての行動がしたいという謎プライドが、却って遍路旅の足かせになっている。

あ~~プライドって邪魔。
今日はゆっくり登るって決めたのに。


ぼくの鬱の一因として「完璧思考」があるらしい。
どんなことでもはじめから完璧を求めすぎて、でも実際は出来なくて、自滅。
完璧ってのは弱いってことだ。

そういうのを変えたくてお遍路に来たわけだけど、まあ3日目じゃ変わりようがないわな。

せっかくの好きな山道なのに、こういう暗いことを一人頭のなかぐるぐるさせながら歩いていた。
実にアホらしいが、鬱だからそうなんだろうし、だから鬱になったんだろう。





ひとつ目のピーク、標高700mの浄蓮庵に着いた。ここでお昼休憩とする。

ここは左右内の一本杉という巨木が生えている。枝ぶりが豪快で、圧巻だ。
巨木を見るといつも、色々とよく分からなくなってくる。

麓に住んでいるというおじさんが声をかけてきた。
地元にいるとなかなかこういうところには来ない(今日も車で登ってきた)らしい。

ちょっと気になっていたことを聞いてみた。
「遍路道沿いに住んでると毎日歩き遍路が通るわけですよね?」
「そうやな」
「遍路がいて当たり前...なんですか?」
「それが俺らにとっては日常やな。小さいころなんか飴あげたりしよった」

やっぱり不思議な土地である。おそるべし、四国。
でも、人と喋ると気が明るくなる。一人で溜め込むのは良くないと痛感した。





その後順調にゆったりペースで下り、そして再び上り、12番焼山寺に到着。
多少きつかったが、そこまで恐れるほどの「へんろころがし」でもなかった。
精神的には転がったが、それは元々転がってたのであって、へんろころがしのせいではない。
と思う。

そう思うのも自分のプライドゆえか。
でも、他のお遍路さんも似たような感想を言っていたので、みんなそれぞれプライドは持ってるんだろうな。



境内には太い杉がボンボン生えてて、境内は広く、涼しい。良いお寺だった。
それにしても6時間ほど歩いてようやく着いた山の上に、団体バスツアー遍路が
ガヤガヤゾロゾロ来られるのはやっぱりテンション下がってしまう。
この頃は、まだそんな心境だった。



今夜はお寺から1時間ほど下ったところにある宿Sに泊まる。
宿代が安い上に、近くの神山温泉まで連れてってくれるサービスが何と言ってもありがたい。

主人に車に乗せてもらって温泉にいく。
歩き遍路さんに車に乗ってと誘っても断られることが多い、と笑いながら言っていた。
全て歩き通して偉い?歩き通しました、というのは単なる自己満足では?
便利な乗り物のある時代、それを利用すればいい。
大切なのは88箇所回ること。

「こだわって、自らカタくなって生きなくてもいいのにね」



ひさびさにお布団で寝た。
柔らかかった。


登山道の木に吊ってあった歩き遍路向けのメッセージを思い出す。
「最高の幸せと問えば 今お遍路の自分なり」




スポンサーサイト

煩悩遍路2日目「若さ」―発心の道場―

早朝6時ごろ起床。

体の節々が痛い。日頃の運動不足がたたる。
特に、ザックの腰ベルトが左右の腰骨に当たっている部分が、皮膚ズレみたいになってる。
幸い、足については歩くのに支障をきたす痛みはなかった。

一夜をともにした青年は30代だった。
明るい空の下、精悍な顔つきに、どこか浮世離れしたような、
遠くを見るような目つきが印象的だった。
お遍路を回り切ると、色々と達観できるようになるのだろうか。



さて、今日はゆったりペースで歩くことにする。
明後日の12番焼山寺への山登り「へんろころがし」に備えて体力温存である。
目標は山麓の11番藤井寺。たった十数キロ道のりである。

天気は快晴。田んぼの横を歩き、登校中の小学生・中学生と挨拶を交わす。
こんな怪しい恰好をした見知らぬ人にも爽やかに挨拶をしてくれる。
不思議な土地だ。



10番切幡寺は小高い丘の上にあり、階段が若干しんどい。
登り切って小休止していると、白髪のおじさんに話しかけられた。
Yシャツにジャケット、革靴というフォーマルな恰好。ここらのお寺では逆に目立つ。
ここではノリさんと呼ぼう。

ノリさんは関東在住の60代男性。定年後は登山を含めよく旅行をしているそうだ。
今回も、たしか88番大窪寺から1番霊山寺まで行く途中だと言っていた。
革靴で歩いてるというのだから驚きである。「全然歩き遍路だと思われない」と笑っていた。

最初は当たり障りの無い会話をしていたが、お互い気の合う部分があり、次第に打ち解けていく。
すっごく気さくで優しい人である。話していて楽しかった。

鬱で休職してることを話すと、ノリさんは気を遣ってくれたのか、色々と話してくれた。

人生には3回くらい転機がある。もしかしたら君は今がその時かもしれない。
長い目で人生や世の中の動きを見てみよう。
26歳はまだ若い。まだまだなんでも出来る。
一期一会を大切に。

時代は変わる。お寺は変わらない。
変わるもの、変わらないもの…。

1時間ほど話しただろうか。
別れ際に連絡先を教えてもらった。
「いつでも相談に乗りますよ。またお会いしましょう」
握手を交わす。キュンとした。絶対あとでメールしよう。



雄大な吉野川を横断する。

道中、昨日抜きつ抜かれつしたおじさんとペースが合い、少し一緒に歩いたのだが、
そのおじさんからも、26歳なんて若くて羨ましいよ~と言われた。

それにしても、昨夜の逆打ちの青年以来、若い歩き遍路に全然会わない。



今夜は善根宿に泊まる。
善根宿とは、地元の人が善意で歩き遍路に無償或いは格安で宿泊させてくれる場所である。
それはガレージだったり、廃バスであったり、掘っ立て小屋だったりする。
場所によってはシャワーを貸してくれるところもある。

ぼくが泊まったのは、町営の温泉に併設されている有名な善根宿だ。
なんと洗濯機までついている(洗濯代は必要)。

案の定早い時間についたので、温泉に入り、洗濯をし、のんびり日が暮れるのを待っていた。
頭のなかで昼間の会話を反芻する。
「26歳はまだ若い。まだまだなんでも出来る」

そうだろうか。

ぼくは大学院まで行ったからまだ2年しか働いていないけど、
学部卒の場合は4年、高卒だと8年働いている年齢である。中堅の部類にも入ってくる。
30歳も近くなり、そろそろ自分の人生の方向性を定めていかなければならないのではないか。

そんな大事な時期に鬱になってプータローしてる自分が情けなかったし、
そもそも鬱のため無気力で、自分が何になりたいか、何がしたいのか分からなくなっていた。


ひとり悶々と悩んでいたところへ、夕方、40代くらいのおっちゃんが宿に転がり込んできた。
疲れきって歩いていたら地元の人にここを紹介され、車で連れて来てもらったそうだ。

話し相手ができた。ちょっとぽっちゃりした人だった。
ダイエット目的でお試し歩きしてるらしい。別にそのままでもいいように思った。
ここではタカさんと呼ぶ。

ぼくはタカさんに若さについて相談をした。
返事は意外なものだった。

「俺は、30歳までに自分の適職を見つけようと思っていた。
はじめ20歳で就職した会社は結構大きな会社だったんだけど、2年で辞めて、
その後は2年おきに仕事を変えたんだよ。そして最終的に行き着いたのが今の仕事だ」

「リスクをとらないと何も得られない。でも、目的があればそのリスクはリスクにならない」

「26歳はもう若くない。行動するなら早くしたほうがいいと思うよ。
ただ、“こうでないといけない”と他人のレールを以って自分を束縛することはない。
例えば30歳までに...というのは俺が勝手に決めたことだから」

「君が納得のいくスタイルで20代後半を大切に過ごせたらいいね」


ぼくは甘えていたのかもしれない。26歳は若いよと言われ、そんなことないですよ~と返答する。
そんな何ら具体性のない会話に癒やしを求め、まだのんびりしていたいと思っていたのかもしれない。

タカさんはそんなぼくを見抜いていたんだろう。


その夜は冷えた。
善根宿は入り口に隙間があり、寝袋に入っていても寒さで目が覚めた。
身体を温めるには、あまりに心の炎は弱かった。

2日目 

煩悩遍路1日目「贅沢な貧乏旅」―発心の道場―

1日目


朝7時半、第1番札所、霊山寺。
ぼくは四国遍路の第一歩を踏み出した。
その時はまだ、たくさんの奇跡のような出会いと煩悩にまみれることになるとは知らずに。

天気は曇のち雨。初日から雨に降られたくはないなぁと思いつつ、
なんとか降らずに留まっている灰色の空を眺めていた。
明日からは晴れるらしい。

「お遍路用具は霊山寺で買わないほうがいい。みんなここで買うから、割高になってる」
昨日の宿の主人にそう聞いていたこともあって、
ここでは現時点で最低限必要な納経帳と納め札だけ買うことにする。




お遍路は実はかなりお金がかかる。

お遍路をお遍路らしく見せる菅笠、白衣、金剛杖だけでもそれぞれ1,500~2,000円、
お寺にお参りした証拠となる納経帳も種類はあれど安くて1,000~1,500円ほど。
しかもこの納経、各お寺で300円ずつかかるのだ。全88箇所回ると…

四国には沢山のお寺があるが、88箇所に入っているかどうかで
その境内および建物、施設の様子はまるで違う。
有名なお寺では年に何千万円、場合によっては1億円を超える収入があるらしい。
その財源はぼくらだと思うとなんだかやるせない。
仏教を使った商売。そんな冷めた目で見てしまう自分がいた。

宿泊費もバカにならない。
民宿や宿坊で相場がだいたい一泊二食6,500円と、単体で見ればかなりリーズナブルではあるが
歩き遍路となると全部回るのに40日前後はかかるから、その分費用はかさむ。
解説本では、納経代、昼飯代、飲み物代なども含めて1日1万円の予算を想定されていた。
だから、お金のない若い歩き遍路は大抵野宿メインで回る。
まあ、そのためにはテントや寝袋、大きなザックなど、初期投資がかかるのではあるが…。




ぼくはとりあえず、2番札所極楽寺で白衣と金剛杖を購入した。
菅笠はキャップ帽子があるから買わないことにした。
慣れない恰好に最初は戸惑う。自分がお遍路だとまだまだ思えない。
糊の効いたまっさらな白衣は「お遍路はじめたばかりです」と無言の主張をする。

まだ心がお遍路になりきれてないが、周囲からはお遍路として扱われる。
恥ずかしさと嬉しさがごちゃ混ぜになる。でも、次第に慣れてくる。
「お遍路さんがんばってね」
「このお茶お接待です。持ってって」
「お兄さーん、道間違えてますよー!左、左!」

地元の人や歩き遍路同士の挨拶やちょっとした会話が心地よい。
ちょっと満ち足りた気分に変わっていくのが分かった。
田舎道を歩く、挨拶をする。ただそれだけで幸せで、贅沢なことのように思えた。




県道をすこし外れた旧道が遍路道となっていて、だいたいは舗装されているが、
周囲の田畑、遠方の山々を臨めるゆったりした道である。
たまにあぜ道となっていて面白い。

お遍路初日のルート上にはお寺が密集している。
1.5~5Kmおきにお寺があり、一気にお遍路モードになれる仕組みになっている。
宿の主人からは、初日は6番安楽寺くらいまで歩けると思いますよと言われていたが、
ぼくはとっくに通り越していた。
最初から飛ばしすぎたかな…と思ったけれど、そんなに疲れてはいない。



お寺ではお参りしたあと納経所に行き、納経帳に墨で納経してもらうのだが、
これが7時から17時の間しか受け付けていないため、お遍路側はそれを考慮して
その日のスケジュールを組む必要がある。

現在時刻、16時半。8番熊谷寺まできた。
ここまでで、20Kmほど歩いたことになる。
さて今晩はどこに泊まろうか。もちろん宿の予約はしていない。
雨が降ってきた。レインウェアを羽織る。

熊谷寺には「通夜堂」があるらしい。
※通夜堂:
 歩き遍路が無料で寝させてもらえる場所。あるお寺と無いお寺がある。
 そもそもが宿泊施設ではないので、シャワーも夕飯も布団も基本的には無い。
 「寝場所」を善意でお借りしている、と気持ちが大切である。


「通夜堂を借りようかな…」
でもお寺の人に声をかける勇気が出ない。
ぼくのような信仰心の無い見せかけ遍路がお寺に泊まっていいのかと躊躇してるのだ。
別にそんなこと、誰も気にしてないんだけれども、
その時のぼくははまだ、誰かからどう思われているか、に囚われていたんだ。


境内で悩むだけで時間は無駄に過ぎていき、17時を回ってしまった。
納経所が閉まる。

雨が強くなってきた。寒い。暗い。
このレインウェア、すっかり撥水性が落ちてて意味無いじゃないか。
お遍路体験記で読んだみたいにお遍路仲間なんで出来ないし。
なんでこんな雨の中で外にいるんだろ。風邪ひきたくない。
初日から泣きそうである。



…落ち着け。
とりあえずお風呂に入りたい。

地図を見ると歩いて30分くらいのところに日帰り温泉施設Gがある。
もしかしたら軒下にテント張らせてもらえるかもしれない。
少なくとも今日の汗を流すこと、冷えた身体を温めることはできる。
とりあえずそこに行ってみることにする。

温まれば、気分も変わるかもしれない。


温泉に到着。
見た感じ、奥のほうに雨風しのげそうなスペースがあった。

勇気を振り絞ってスタッフの人にたずねてみた。
「あの…歩き遍路なんですが、今晩、この施設の隅にテント張らしてもらっても…」
「あー、いいですよ!あの建物の裏が屋根もあるし、よくテント張ってるの見ますから
 そこで寝るといいと思います」
「え、いいんですか(拍子抜け)。ありがとうございます!」
「当館は23時閉館なので、そのあとになりますが。すみませんね」
「いえいえ、ありがとうございます!」

お風呂と寝床の確証がとれた。一安心。どっと疲れが出る。
ここの施設の人はお遍路に対して親切だった。
ロッカーに入らないデカいザックや金剛杖をこちらから言う前に当然のごとく預かってくれたし
おそらく歩き遍路用と思われる、荷物整理用の机も置いてあった。



温泉に入り、夕飯を食べ、くつろぎスペースで明日以降のプランをなんとなく立てる。
とはいえなにも予想できないわけで。なんとなく明日はこのへんまで歩こうかな、くらい。
しかし23時まで暇だ。
スマホは、野宿を続けると充電できないので、基本的に電波オフにしている。
しゃべる相手もいない。
日記を書いて、テレビを見て、ぼんやりして、また温泉に入って。



閉館時間が来た。
スタッフさんにお礼を行って玄関を出ると、
真っ黒に日焼けしたびしょ濡れの若いお遍路さんがベンチに座っていた。
目が合った。自然に口が開いた。
「こんばんは、野宿組ですか?」
「そうです、逆打ちなんですけど、泊まる所が見つからなくて。
 いまさっきここに着いたんですけど閉館間近らしいし途方に暮れてたんです」
「えっ今まであるいてたんですか?雨降ってますしうもう23時ですよ…
 僕はあの屋根の下にテント張ります。施設の方にも許可得てるんでよかったら
 一緒に張りましょう」
「そうなんですか!それはありがたい。便乗させてもらいます。
 ほんとにありがとうございます」
「いえいえ、実はぼく、今日お遍路始めたばかりで野宿も初めてなんで、
 一人だと不安だったんです。こちらこそありがとうございます」

彼はボロボロの地図を開き、この先の野宿情報を少し教えてくれた。
たまたまの出会いを通して伝わっていく情報。
これらのおかげで、野宿組はある程度目星をつけて安心して「貧乏旅」ができるのだ。
もちろん、野宿を黙認・容認してくれる地元の人あってのことである…


慣れない手つきでテントを設営する。
その狭いスペースに入り込み、今日あった出来事を振り返りながら、
自然と眠りに落ちていった。


煩悩遍路A日目「不安な旅立ち」―発心の道場―

2016年5月中旬。鬱状態と診断されてひと月が経った。
依然として無気力。本格的に休職期間に入る。
そんなぼくは「歩き遍路」をすることにした。

学生のころ四国一周スケッチ旅をしたときから気になっていたお遍路だ。
何か変わるかもしれない。

どうせやるなら野宿もやろう。
何が要るのか分からない。持ってた登山用の約50リットルのザックに物を詰め込んだ。
テントや寝袋も買った。服は3組。
「重い…これ担いでマジで歩けるのか…?」
あとで量ってみたら荷物は15Kgあった。

野宿なんてしたことない。
変わりたかった。もがいていた。
鬱から抜け出したい。
これからの人生の方向性を見出したい。
たくましくなりたい。

そんな期待をお遍路に託した。



四国遍路とは、仏教・真言宗の開祖である空海、のちの弘法大師に縁のある88のお寺を
巡る旅である(ざっくり)。
一般的には「順打ち」と言って、徳島県にある1番札所霊山寺から、高知、愛媛、香川と
時計回りに巡礼し、88番札所大窪寺にて「結願」となる。
2016年は「逆打ち」、つまり88番札所から1番札所に反時計回りに巡礼すると
ご利益が何倍にもなるという60年に一度の年、らしい。

しかし、僕は初めてのお遍路であるので、順打ちで回ることにした。




電車とバスを乗継ぎ、徳島県は板野町へ。今晩は宿Mに宿泊する。
四国一周スケッチ旅でも泊まったことのある宿であるが、主人は僕のことを覚えていなかった。
「そんなもんか…そんなもんだよな…」

宿では、休みを利用して瀬戸内国際芸術祭を回るという若い女性、
歩き遍路を結願し、明日は1番霊山寺にお礼参りに行くのだという中年女性がいた。
この方からはこの先のオススメ宿や、野宿してる人を見たという場所の情報を教えてもらった。

こうした情報はさっそくありがたい。が、まだ歩いてすらいない僕だ。
いつ辿り着くかも分からない土地のことをスラスラ教えてくる彼女に圧倒された。
必至に地図にメモをする。
きっと、彼女の脳裏には歩いてきた道、風景がくっきりと思い出されるのだろう。
歩き遍路というもののある種の壮絶さを感じた。
果たして自分にできるのだろうか。


不安半分、楽しみ半分。いや、不安8割?
今回は通院の関係でどのみち最長2週間しかかけられないのだから、
通し打ち(いっぺんに88箇所を回り終えること)はできない。
完璧を目指さず、ゆっくり歩こう。
やってみて無理そうなら帰ればいいじゃないか。そう自分に言い聞かせる。

「明日の宿は決めてますか?」と宿の主人。
「いえ、なんにも決めてないです…」
「そうですか、でもなんとかなると思いますよ。がんばってくださいね。
 明日の朝は霊山寺まで送っていきますから、7時に玄関で待っていてください」



鬱状態のため寝付きが悪いのに加え、緊張している。
そんなにすぐには寝られない。

いよいよお遍路が始まるのかぁ。
明日の今頃はどこで寝てるんだろう。

遠くで、高速道路を走るトラックの音がたえず聞こえる。
夜はふけていく。



煩悩遍路 序

こんにちは。現在まだ休職中のちかひらです。

前からお伝えしてましたが、四国遍路をしてきました。
そして、結願(88箇所全て回りきること)しました。
歩行日数は36日。
別途、高野山にもお参りしてきました。

お遍路を終えた気持ちの整理と記録がてら、
このブログに記事を更新していこうと思います。

※自分は趣味活動用とゲイ用の2つのブログを一応やっていますが、
 書こうとしている内容は、心理的描写を多く含み、どうしてもゲイ要素を含むものであるため
 こちらのブログを利用することにしました。

書きながら思い出すようなこともあるとは思うので投稿済みの記事の再編集は頻発するでしょうが
あしからず(^o^)。

では、いざ!

GO TOP