かわいいものをかわいいと言えるか

どーもどーも、超お久しぶりのちかひらです。

大学祭とかゼミとかゼミとか研究とか研究とか就活でわりとハードな毎日すごしておるんですよー
でも、水曜日をすぎればすこし楽になるかな…なんて。

といってもその後は怒涛のバイトづくしだったり汗
もう師走ですしね(師じゃないだろ)


で、ひさびさに文章書きたくなりましてですね。
まーよければお付き合いくださいませ(-^^-)


---

みなさんは可愛い女子を見かけた時どう反応しますか?

「あの子かわいいね!」

この一言を言うのが、僕にはけっこうキツかったりする。


中高大と、ずっと「女子に興味のないヤツ」として扱われてきた自分(まあ実際ないけど)は、
すこしでも「女子に興味がある」ような言動をすると
周りから囃し立てられることがままありまして。

「へーちかひらくんでも女の子かわいいって思うんだ」とかね。

普通に考えても、周りから「女の子が好き」だと思われることに関しては
何の問題もないし、むしろノンケ社会ではそっちのほうが良い気もする。

でもなぜか、「ちかひらくんは女の子のことが好き」だと思われることにたいして
拒絶感というか罪悪感というか、変な気持ちがあったんですね。


まだ自分がゲイだと気づいていない時だけど、こころの奥底では何かしらの葛藤のようなものが
あったのかもしれません。


一方で、かっこいい男性に対して

「あの人かっこいい!」

と言えたかといえば、やはりそれも厳しかった。
これはもちろん、そんなことを言ったら周りからゲイ扱いされるんじゃないかという不安感からでした。

ノンケの男子が「かっこいい」と言っても何の問題もないのに、
僕が「かっこいい」と言うとゲイだと思われる(笑)。

なんで?と常々思ってましたけど、たはり周囲の人はなんとなーく感じ取っていたんでしょうね・・・
僕がゲイだということを。



というわけで、

可愛い女子を「かわいい」と、
かっこいい男子を「かっこいい」と、
素直に言えない僕でした。

でも、これっておかしい。ものすごくもったいないことをしているんじゃないかって最近思うようになったんですよね。


とある知り合いのゲイの先輩は、かわいい人はかわいいって言うし、かっこいい人はかっこいいと言う。
本人の本心から言っているんだなというのが伝わってきます。



ゲイなんだけど、かわいい女子はかわいいと思う。
いや、「ゲイノンケ関係なく、かわいいものはかわいい」んだ、と、その人は教えてくれてるように思います。


かわいいものはかわいい。
かっこいいものはかっこいい。

その感情に、性的指向は無関係だ。


そう思うと、非常に楽になりました。

異性愛社会にとらわれるのはいやだけど、
かといって「ゲイはこうあるべき、こうであるはずだ」という自分で勝手に作った枠組みにはめ込んじゃうのも違うよなーと。


これからは、自分が感じたものに正直になる勇気を持ちたいと思いました。







スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP