野球の楽しみ方

最近自分のなかで野球熱が再びもりあがっているので、今日は自分の野球の対する思いというか楽しみ方?をつらつらと書いてみようかなぁ。


野球を好きになったきっかけ

ぼくは小学生のとき一年半ほど近所のソフトボールチームに所属して練習をしてたんです、実は。
でも、当時は野球が全然好きじゃなくて、嫌々やってました。
そもそも運動神経も悪いので、当然チームで一番下手だったし、一年半でやめてしまいました。

時が経ち、中学に進学。
そこで、学年主任で野球部顧問のT先生と運命的な出会い(失笑)をするのですが、
T先生を好きになる流れで、野球も好きになっていったんですわ。

この時の“野球が好き”の実情は、試合内容というよりも、選手の恰好(ユニフォーム・グラウンドコート・アンダーウェア)だとか、選手自身の顔だとか、そういう部分がほぼ100%でした。
この時、小学生のときの野球嫌いは完全にどっかにいってましたねー。


プレイヤーとして

野球が好きになったといっても、運動は基本的にそんなにうまくないので、体育の授業でもソフトボールのときはヘマしてばかりでした。投球フォームはひどいわ、バットにボールは当たらないわ…

で、せめて人に迷惑をかけないレベルにまで上げたいと思って、大学では奮起して野球サークルに入ったわけです。
一年目は打率0という驚異の成績だったんですけどw、二年目は一割くらいにまで上がって、やっとそれなりのレベルにまでなったんですよ(*´ω`)

いまは研究室対抗ソフトボール大会があり、そこでは四番を任されてたりします(笑)
“経験者”というだけで祭り上げられてる感はあるけど、でも、割とヒットは打ててる方だし、守備もしっかりやれてるので、サークルさまさまであります。

試合中は緊張の連続ですが、打てたときの興奮や、フライをとれた時の快感、そして、チームみんなで一緒に楽しんでいるということが何よりも実際にプレイヤーとしての醍醐味かなぁと思ってます。


観客として

3年前から、友人に連れられてプロ野球観戦に行くようになりました。その子の影響で僕もオリックスファンになったわけですが(笑)…

野球観戦(球場に行く方)の醍醐味は、なんといっても応援です。
選手の応援歌を覚えて、外野でみんなと一緒に大声で選手を応援する!
オリックスの応援歌はどの球団よりもクオリティーが高いってのもありますし。

ヒットを打ったり点が入ったときの喜びは隣の人と分かち合えるし、選手はすぐそこにいるし、
臨場感はほんとやみつきになります。

一方で自分は試合の運びをどーするとか、次の投手はだれにするとか、そういう作戦系のことは詳しくないので、そういう意味での野球観戦の楽しみは享受できてないかな。頭脳的楽しみって言うんでしょうか。そういうのが出来る人がうらやましかったりします(笑)


テレビ中継での野球観戦は、応援歌を歌ったり臨場感がないという部分はあるけど、なんといっても選手の顔がわかるという点ではいいですよね。野球が好きになった根本の部分に、そのユニフォーム姿に惚れたというのがあるので、ここは譲れません(笑)。好きなタイプの選手が出てきたときは目を凝らしてみてますね。
そういえば高校の時はホークスの松中の打席を見るためだけに居間にいってテレビつけたりもしてたなぁ…w

残念なのは、オリックスの生中継が少ないということorz


ゲイとして

実はこれが一番の野球好きたる所以かもしれません(笑)。
なんか、野球が好きというよりも“野球選手が好き”ということになってしまいそうですが…(^▽^;)

このブログでも何回か書いたように、僕はグラウンドコートが好きです。そして、アンダーウェア(ハイネック)も好きです。これは中学時代のT先生からの影響がものすごく大きいんですが、これがまわりまわってユニフォーム好きになり、野球選手好き、というところまで来たのかなと思ってます。

野球関連の服を着たくて、大義名分を作るために野球サークルに入ったともいえるし、
野球選手に会いたくて野球場に行ってるともいえるし。

ほんとこれじゃあ野球をしっかりと楽しんでる、とは言えないかもしれないですね(^▽^;)

でも実際は上記のように、プレイヤーとしても観客としても楽しんでいるわけです。
そういう楽しみ方をしつつ、ゲイとして眼福を満喫できる。

これは、案外ゲイの特権なのかもな~なんてw(野球に熱心なノンケ女性に近いのかも。)


僕の野球の楽しみ方をこんな感じでまとめてみました。
なにはともあれ野球を楽しめていることには変わりないし、楽しみ方も人それぞれなんだし、そんなに気にすることでもないんですけどね(笑)

とにかく、どこに引っ越しても、年一回以上は球場に足を運んだり、試合に出たりしたいなぁと思うのであります。





スポンサーサイト

コメント

Nikkoh #4RtvEo.U

共感しました

こんにちは。ちょくちょく読ませていただいていますが、コメントは初めてさせていただきます!

野球好きゲイとしては、いろいろ共感しながら読ませていただきました。
綺麗にまとまっていて、さすがちかひらさんだなあと感心しています。
僕もこういう記事書いてみたくて前から何度か試みてるんですが、なかなか上手くまとまらず、いつも頓挫しちゃいます(笑)

球場の臨場感を楽しんだり、中継でゆっくり味わったり、どちらもいいですよね。それぞれによさがありますね。
Bs(とその前身の1つであるBu)の応援歌は、手前味噌になっちゃいますが、やっぱり群を抜いて高品質だと思います。マイナー調の研ぎ澄まされた旋律と、練りに練られた趣深い歌詞は、もはや芸術みたいだなあとも思えてきます。野球の応援歌なのに(^^;)

あと、ゲイとして眼福を満喫するという感じもすごくよくわかります。お気に入りの選手を見るのも球場へ行く中で大事な要素の1つですよね。
ノンケ女性の観戦友達の話など聞いていると、確かに近いものがあるのかもしれません。

プレイヤーの経験もおありとのこと、すごいですね。僕ももうちょっと身体が丈夫だったら、草野球をやってみたいなあって日々思っています。

ではでは~
(追伸 : 1つ前のエントリで、うちのブログのことを紹介していただき感謝します!)

2013年05月18日(土) 12時11分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>Nikkohさん

コメントありがとうございます!

そんなにきれいにまとまってます?(笑)そういっていただけると嬉しい限りです。
野球好きゲイの方にはだいたい当てはまるような内容ですよね~^^

野球観戦してると対戦相手の応援歌も知らず知らずのうちに頭に入ってきますけど、平均的にオリックスの応援歌は質が高いですよね!演奏もうまいし。

野球選手がかっこいいなーと思って目で追ってばかりいる自分に呆れるときもあるんですけど、ゲイなら仕方ないかなと最近はふっきれてきたところです(笑)Nikkohさんのコメント読んで安心しました。

プレイヤーとしては、まだまだ下手な人の領域を出ませんけど、自分が楽しんでやれてるので、それでいいんじゃないかなと思ってます。

Nikkohさんのブログでも僕もブログを紹介してださっててありがとうございます(∩´∀`)∩

2013年05月18日(土) 23時37分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP