身近にLGBTがいるということ

ども、ちかひらです。
一か月ちかく胃腸を悪くしてて、今朝胃カメラを初体験してきました。
もう二度とやりたくないです(笑)



さて、今回は「身近にいるLGBT」についてつらつら書こうと思います。


日本の人口の5.2%がLGBTであるという調査結果をよくテレビで聞きますね。20人に1人はLGBTということになりますが、実感として、「そんなにいるの??」というのが本音なんじゃないかなぁと。

でも、この部分について、最近、案外そんなもんなんかもなーと思うようになってきたんです。


僕は大学でLGBTサークルに所属してて、最近あんまり行ってないけど、そこそこメンバーの顔は覚えてます。
で、結構その顔を大学構内や道端でみかけるわけで。
多い時には同じ場所に自分含めて2, 3人のLGBTがいるときもあるんですよ(笑)

毎日昼ごはんを食べている学食でも、同じ学年のゲイ友くんをよく見かけるし、レズビアンの先輩がいたりします。あと、トランス(MtF)っぽい人も一人いるんですよね~サークルには来てないようなので実際のところは何も言えませんが。


また、今日驚いたことなんですが、ゲイ御用達の某アプリを久々に学内で見てたら、二学年下の同じ学科の男子がいたんです!写真の背景がモロ学校のトイレじゃないか…(笑)
顔は知ってるけど話したことないような後輩なので、だからどうしたって感じではありますが、おなじ学科にいるとちょっとうれしいというか、やっぱ居るもんあだなぁ~と実感したのでありました。



一切LGBTの存在を知らないノンケの人たちからすると、冒頭の“5.2%”という数字は大きすぎるでしょう。そもそも彼らにとっては0%であってもおかしくないくらいなんで。

でも、僕のように、学内のLGBTの一部の人が集まるサークルに顔を出していると、ああ、あの人はゲイだね、あの人はビアンだね、と分かるわけです。すると、いまこの場にLGBTが少なくとも○人いるのだ!と心の中で知るこおとができます。これは、何も知らない人とは実感として大きく違いますね。


LGBTサークルやネットという形で表に出てきている人を知っているだけでも、こんなふうに「いっぱいおるもんやなぁ~」と実感できます。
実際には表に出てきてない、出たくない、出る必要のないLGBT当事者はずっと多くいるはずです。
そんなこんなで、“5.2%”という数字が、実感を伴って自分の中にストンと落ちてきたのでありました。




スポンサーサイト

コメント

ブレイク #/3WEEAIQ

7月に入って、課題等に追われているブレイクです(笑)

今日はLGBTの数についてですね♪
いやもう…うらやましいの一言につきます(笑)(^w^)
自分の学校には、そういうサークルないですし(笑)
アプリ使っても出てくるのは、ほとんど20代後半以降の人ばっかりですから(笑)

アプリで後輩ww
あの子のことですね(笑)(^w^)
結局あの後何か変化あったのでしょうか?

そういえば、LGBTサークルって普段はどんな活動をしてるんですか?
サークルの皆で旅行とか行ったりするんでしょうか?
教えてほしいです♪(*´∀`)

では、今日はこの辺で失礼します♪o(*⌒―⌒*)o

2013年07月08日(月) 15時42分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>ブレイクさん

こんにちは。

学部生は課題の時期ですね~なんとか乗り切ってください(笑)

大学に一応そういうサークルがあるとはいえ、このところ全然参加できてないので無いのに等しいですけどw、
まあ同世代にたくさんLGBTがいるんだっていう実感を得られるのはうれしいです。

アプリで見つけた後輩はその後まったく会ってないので何とも分かりませんけど、
元々あんまりしゃべったことないから会ったとしてもスルーでしょうね(笑)

LGBTサークルは週一回学内でおひるごはんを一緒に食べるだけです~。
たまに飲み会とか、他の大学のLGBTサークルとの合同イベントとかあったりする程度ですかね。
ゲイ活動しはじめのころは結構そういう機会があるのは助かりました。

ではでは(^O^)/

2013年07月09日(火) 22時05分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP