根本的なところで

こんにちは。ちかひらです。

めっきり寒くなってきましたね!


今日、大学の他の研究室の先代の教授と喋る機会がありました。
友達からは面白い先生だよと聞いていたのですが、ウワサに違わずかなり面白い方でした。

相当な女好きなようで、他の先生もそれにツッコんだりしてて完全に持ちネタ化してました。



どうやら「誰がどの学年なのか」を覚える際、女子基準で覚えるそうです。
男単体ではどの学年なのか分からないけど、「誰某(女子の名前)と一緒の学年だ」というようにすれば忘れない、と。(笑)

あとは、男子は苗字くらいしか覚えないけど、女子は下の名前まで覚えてる、とかも。これについては他の男の先生方もうなづいてました。大学の先生も割とそういう根本の部分に関してはそのへんの学生たちと同じなんだなぁということが興味深かったですね。



そして、ひるがえって僕はどうなんだろう、と考えました。

高校時代を思い出してみると、なかなか同級生の女子の名前を覚えられなかったし、みんな同じ顔に見えました(笑)。一方で男子の名前は女子に比べると覚えやすかったと記憶してます。


「人の顔や名前を覚える」というのは、各々の記憶力にのみ依るのだ、と今まで思ってたけど、
案外、相手が性的対象の性別なのかどうかとか、タイプなのかどうかとか、そういう部分が占めるウエイトって大きいんじゃないかと。

女性の顔名前が覚えにくくて、男性は覚えやすい自分というのは、単にゲイだからなのかも!と思うと、
ちょっと気が楽になったような。(別にそんな思い詰めてたワケじゃないですが)


そんでもって、個々人のモチベーションというのも同様なんじゃないかなーと。

ノンケの子たちが、男子ばかりのむさ苦しいグループに女性が一人でもいるとやる気を出すように、
僕もタイプの男子がいるとなぜか頑張れるというシチュエーションは何度か経験したことがあります。



いやね、とっくの昔にみなさん気づいてることかもしれないなーとは薄々感づいてますが…(鈍感なもので…)、
個人的に大きな発見だったので記事にしてみました。

感想や体験談などありましたらコメントくださるとうれしいです~!




スポンサーサイト

コメント

にしお #-

アゲアゲ

初対面の集団とかでタイプの人おったらテンション上がるよな〜!^^-

やっぱりゲイもノンケも女の子も、そういうのあるっぽいよ。


特に女の子は、自分がどうみられてるかを敏感に感じてしまうみたい。

男が美人の子と自分とであからさまに態度違って、傷ついてる子結構おるんやって。


僕もゲイの人に冷たい態度とられて嫌な気持ちになったことあるしなぁ。
こっちもお前なんかアウトオブ眼中じゃ〜!=3って思った(笑)

やけど、自分が態度変えられたの嫌やったから、誰にでも愛想よく接したいと思って、
それで人と会って、しばらく会話したら、
あれこの人ボディタッチ多くなってるやんみたいな人もおるしなぁ(笑)
難しいね(;▽;)

2013年11月27日(水) 00時45分 | URL | 編集

Nikkoh #4RtvEo.U

共感しました

こんばんは。
共感しながら読ませてもらいました(^^)

パターン認識が苦手な僕は、顔と名前を覚えるのがわりと苦手なのですが、
そういえば、男性の方が女性よりもマシだなあ(覚えやすいなあ)と気づかされました。

中学時代を想起してみると、今でも同じクラスだった男子は全員名字を覚えていますし、顔もなんとなく思い出せます(1~3年生のいずれも)。
それに対して、女子は半分思い出せるかどうかという有様で、かなり差がありますね。
それほど分け隔てをしているつもりも無いのですが、知らず知らずのうちに、女性よりも男性の方へ強く意識を向けているのでしょうね。本能みたいな感じで(笑)

僕の場合、高校以上は周囲の男女比が偏っていまして、男子のほうが圧倒的に多い環境にいたので、男女比が半々だった中学時代とはまた事情が違います。
男子が多数の中に女子が少数だと、その女子は目立つから、しっかり覚わりますね。そして、ある種の〈 目印 〉にもなるのかもしれません。

> 「誰がどの学年なのか」を覚える際、女子基準で覚えるそうです

というのは、その先生が女好きだからというのもあると思いますが(笑)、
もし男女比が偏っていて、女子が少数ならば、女好きでなくても女子学生が〈 目印 〉のはたらきをすることはありそうです。
逆に、男子が極端に少ない場合は、男子学生が〈 目印 〉になるのかもしれませんね。
これはあくまでも僕の仮説で、実際のところはわからないのですが(笑)
でも、いずれにせよ、比率に偏りがある場合には少数の側は目立つということはいえそうですね。

> タイプの男子がいるとなぜか頑張れるというシチュエーション

これは、もう、どうにもなりませんよねー(^^;)
ちょっとしんどいなあと思っていても、いい感じのお兄さんにお願いされると、
頑張ってみようかなあという気分にさせられちゃうという。
嫌々という感じでもなく、嬉々として頑張らされちゃうんですよねー。
いいことなのだか、悪いことなのだか(笑)

さて、少し長くなってしまいましたが、興味深い記事をありがとうございました。
面白かったです!

2013年11月28日(木) 20時20分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>にしおさん

コメントありがとう!

女子は自分の扱われ方を気にしがちなんやね~。
といっても誰でも自分の扱われ方が人とあきらかに違うと嫌な気分になるし、
ちょっと意識しとくと良いのかも。

ああでも男子と女子やったら男子の方が扱いが優しくなる気がする(笑)

ボディタッチはむしろゲイノンケ関係なく、やたら多い人っているけど、
態度によってその程度が変わるのはちょっと嫌だなぁ~^^;

欲望(?)は我慢して、表面上はさらっと接するのがベターなのかな(笑)

2013年11月30日(土) 09時37分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>Nikkohさん

覚えやすさの傾向はNikkohさんも似たものがあるようですね。
ノンケの方にちゃんと聞いてみないと分かりませんけど、卒業アルバムを一緒に見ているときに「○○さんは云々」と、あまり関わりの無いクラスの女子について盛り上がる場面が多々あるので、きっとノンケは女子の方が覚えやすいんだと思います(笑)

男女比率の件ですが、たしかにその通りです。
記事に書いた先生が若かったころは大学なんてまだまだ女子はほんの一握りしか来てなかったでしょうし、研究者として残るとなると結構目立つ存在です。そう考えると「女子を目印にする」というのは男女の問題ではなく「どの属性が目立つか」が問題なわけですね!一般的に変人が覚えられやすいみたいに笑

タイプの人がいるかどうかって割と重要なのかもしれません。
僕は別の研究室のかわいい男子後輩が僕の研究室に実験しに来ていたんですが、その子と同じ空間を共有できることが嬉しくて、用もないのに彼が遅くまで実験してるときに付き合って残ったりしてました(笑)

コメントありがとうございました!







2013年11月30日(土) 09時48分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP