進路の決め手はなんぞや?

雨がはげしく降ってきた。もう梅雨ですなぁ。
キリスト教ではよく「恵みの雨」なんて表現を使います。
こう聞くと、なんだかずぶ濡れのズボンもいとしく感じられるようで、好きなんだよね。

という、鞄に忍ばせた折りたたみ傘を会社に忘れてきて颯爽とコンビニに傘を買いに行ったちかひらですこんにちは。
相変わらずスローペースの更新でお届け。


さてさて、社会人になってあっちゅーまに二ヶ月が過ぎ、ぼちぼち配属も決まってきた。
大まかな方向としては希望が叶った、のですが、細かい部分はちょいと希望から離れちゃいました。

でも、その希望というのも、狭いスコープで見てた上での身近に感じられる内容、というような安易な希望だったので、
研修を通して分かった自分の能力やタイプ、素質、向き不向き等を人事や上の人が総合的に判断した結果には殆ど不満は無いなぁ。

というか、むしろ希望じゃない部署に決まってよかったな、とさえ思ってたりする。


どうしてか?が今回の記事の本題。


僕は今まで、大小あれど進路を決める上で、タイプの大人がいるかどうか、という要素に重きを置いてきたふしがあるんだなーこれが!ある種の勘である。

大きいもので言うと、(前にも書いたかもだけど、)
いまの会社に決めたのは人事がかわいいおっちゃんだったから、というのも結構でかかったりする笑。
説明会やら面接やらで人事とやりとりする上でのモチベーションは高かったわけだ。

そして、進路決めをその勘に頼ったことは結果的にそんなに間違ってなかったと、少なくとも現時点では思ってる。


で、今回の配属。

配属される部署には今のところ知ってる人が二人いる。
一人は説明をしてくれたお偉いさん。さわやかな感じの、中年の割りとタイプなおっちゃん。
もう一人は、演習で自分のグループの講師をしてくれた中堅の坊主気味なむっちり無精髭先輩。

どちらも、他の社員さんとくらべて自分の中ではトップ5に入ってる!
心のなかで、そこの部署に行ってみたいかも…!って思ってたのは事実っスうっす。


希望の分野ではないけど、色々あってその部署に行くことに決まってみると、俄然やる気になってしまった。

相変わらずタイプな人に誘い寄せられる蝶々のようで我ながら滑稽だけど、
そういうのも含めた“勘”ってのも案外頼りになるものだと思うことにして、本配属が楽しみなわけです。

細かいグループがそのヒゲ先輩と一緒になるかは分かんないけどね。


いよいよ本格的に仕事が始まる。またまた新しい環境で。年上ばかりの中で。
でも僕ならきっとどんな所でも何かしらの楽しみを見つけて、モチベーションをあげながらやっていけるんじゃないかなぁと
思ってる。というよりも、そうありたい。


飛び込め!魅惑のオジサンワールドへ!


スポンサーサイト

コメント

くすこ #-

ずーるーいー!!w

2014年06月13日(金) 09時03分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>くすこ さん

おじさんは渡さないぜ!!

2014年06月15日(日) 11時00分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP