再考・我がゲイライフ 「優等生という仮面」 ③

こんにちは。

このところイラストを載せてばかりで、「再考・ゲイライフ」のことをほっぽり出してました、すみません!
というわけで前回までの内容を忘れつつあるけど、続きを書いていきます。



ぼくは、大学三回生のときにゲイを自覚した。
きっかけはサークルの友人からの何気ないひとことに端を発するのだが、ここでは省略する。

自覚の瞬間のことは今でも覚えている。

思春期以来の謎、それも時が経つと共に濃くなっていく霧が、一瞬にして晴れた気がした。
ぼくはゲイなんだ!
先輩や先生、男友達に対するあの不思議な感情はいわゆる 「恋」 だったのだ!

一瞬、光がさしていた。

でも、次の瞬間、どよんとした気持ちになった。
この気持ちは、自分の中の「優等生」という存在に起因するのではないだろうか。


ぼくはずうっと、これからの人生、
ふつうの人として、ふつうの会社に入って、ふつうの結婚をして、子育てをして…という
「一般的」とされる道を歩むんだろうなと自分自身で思っていたし、
優等生としてそうあるべきだと決めつけていた。

しかし、ゲイだという事実を知り、その思い描いていたコースを辿れないということに気付いたわけだ。
そもそも結婚できないし。


自分の思い描いていた偏った「優等生」観。
そのコースは完全に無理ですよと迫る事実。

どちらも自分の内部から出てくるモノであるので、自問自答を繰り返すこととなった。
眠れなかったり。


ボロボロになっていた優等生という仮面は完全にぶっ壊れることとなる。



ここで、優等生という仮面とは何だったのか考えてみよう。

小さい頃に少しばかり成績が良かったことで、周りから「優等生」だと認識された。
それが逆転し、自分は優等生なんだからこうあるべき、という変な殻(=仮面)を作ってしまった。

この仮面によって、ゲイ自覚の機会を遅らせることとなったのだけれど、
余計なことを考えずひたすら勉強だけしとけば良いという免罪符でもあったので、勉学の面では大いに役立ったわけだ。
そして、ある程度マジメに生きてく力も養えた。


そう考えると、
僕にとって「優等生という仮面」は たしかに内面を覆い隠してしまうやっかいなモノではあるけれど、
内面が優等生ではないかと言われると決してそんなことはない、と思う。
自分のベースの部分に元々あったマジメさと強くリンクしていたんだろうな。


「優等生」は自分なのか仮面なのか?
答えは両方、ということになりそうだ。

仮面の存在が悪いのではない。
優等生が悪いのではない。
仮面を認識できず、自分はこういうものだと決めつけて、自他ともに苦しめてしまう状況が良くない。


人間なんて流動的なもの。自分の性格も考え方も言動も、時が経てば大いに変わりうる。

仮面は取り替えられる。

僕はゲイ自覚のあと、時間をかけて少しづつ仮面を作り替えてきた。
それに伴って、内面も変わった。
というより、仮面の下で固まってしまっていた皮膚が柔軟性を取り戻した、という表現がふさわしいかもしれない。


固まってたら面白く無い。
柔軟に、人生を楽しもうと、今は思える。

ベースはマジメに、プラスで自由に。



スポンサーサイト

コメント

オキ #-

こんにちは。

「ベースはマジメに、プラスで自由に」ってなんかイイですね。
自分を含めてゲイってマイノリティなんですが、あまり考えすぎない様に普通に生活していきたいものです(まあ色々と楽しめる時は楽しんで(笑))

ゲイだから楽しいって時もありますしね!
お互いに人生楽しみましょう!!

2014年09月10日(水) 22時36分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>オキさん

コメントありがとうございます~!

色々悩んじゃいますけど、ゲイにかぎらずみんな悩みってのはあるわけですし、
プラスに考えていけるようにしていきたいですね~^^

そうそう、ゲイだからこそ楽しいこともありますし(笑)

2014年09月13日(土) 20時28分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP