「イカホモ」願望

イカホモになりたい。

不定期に、そんなことを思う。


ぼくはよく、外見はあんまりゲイっぽくないよねと言われる。
服装もそんなにゲイゲイしくないことが多い。
短パンは脚が冷えるので持ってないし、いわゆる「かわいい」Tシャツも持ってない。
ゲイ自覚後に、多少は原色使いの鞄とかは買ったけど、それくらい。

このことに、ぼくはコンプレックスを抱いているのかもしれない、という話をしたい。


話は少年時代に遡る。


中学時代、ぼくは「格好良くない」男子だった。
思春期に入り、くせ毛が強くなって髪の毛は基本的にボサボサ。
女子にはキモがられ、露骨に触れたくないオーラを出されていた。
私服の8割方は親戚からのお古。

自分という意識を形作り始める思春期に、「自分はダサい」ことがデフォルトで育ってきた。

ところが最近、ゲイノンケ問わず「ちかひらくんはモテる」と言われたりする。
それが内面なのか外見なのか複合してなのかはわからないけど、
少なくとも人並みに好意を持ってもらえる人間にはどうやらなっているらしい。

でも、自分ではほっとんどそうは思えない。
思春期のころの、「自分は格好良くない」という意識がまだ権力を握っているようだ。


これは服装にも言える。

「どうせダサい自分が選ぶのだからぼくがいいなと思ってもダサい服なんだろうし、
仮に格好良い服だったとしてもダサい自分が着たところで不釣り合いだ」
と心の底で無意識に思い込んでしまっている自分がどうやらいるようだ。
その結果、うまく服を買えない。


話をイカホモに戻そう。

自分の顔やファッションセンスにコンプレックスを持っているぼくは、
ゲイ世界に入った今でも、当然のごとく悩みは続いている。

ゲイ世界での「モテる人」の典型である「イカホモ」の方々。ぼくももちろん好き。
そういう人達は短髪が似合ってて、ヒゲがいい具合に生えてて、
ワンポイントかわいい服装を着こなしている。

一方でぼくは、
くせ毛だしキャラ的にも短髪はそんなに似合わない(かといってくせ毛なので長髪はボッサボサ)。
ヒゲは薄いので生やしたところで意味が無い。
こんな僕がかわいい服を着ても似合うワケがない。

というマイナスな思考がまとわりついている。



どうやってもぼくがたどり着くことのできないモテスタイル。
諦めと羨望とが浮かび上がる。



きっと、まだゲイという自分に自信がないんだろうな。
「恰好いい」という要素の無い(と思い込んでいる)自分に。

自分に足りないものを持っている人を羨ましく思うのは人間の常だ。
ぼくの場合はそれがイカホモに向かっているのかもしれない。

イカホモの方たちが、うまく服を着こなして、ゲイ活動を謳歌して、人生楽しそうにしている。

青春らしい青春もなく、ゲイ活動もそんなに経験は多くない。
うまくやってる人を見ると自分が情けなくなる。
「ぼくも、格好良ければ、楽しくゲイライフを過ごせるのに。」



今日、 トミー ヒルフィガーとカンタベリーの服を思い切って購入してみた。
さんざん悩んだ挙句にね。

どちらもゲイによく好まれるブランドで、
実際に見てみると自分にとってもお気に入りのデザインが多い。人気なのも頷ける。

まずは見た目から、「イカホモ」要素を取り込んでみる実験だ。
結局チョイスは無難なのに落ち着いたのかもしれないけれど、
「ゲイらしいアイテムを増やしていく」という意識が、なんだかぼくに刹那的な安心感を与えてくれそうだ。


なにかポッカリと空いた穴を埋めたいのかもしれない。
焦っているのかもしれない。

とりあえず一度、思いっきりゲイっぽくなってみよう。
一度経験することで焦りが消えて、その後落ち着いて自分を固めていけるかもしれない。
最終的にそこから遠ざかってもいいさ。


とりあえず次は、彩度の高めのボクサーパンツを買ってみようかな。
値段も、トミーみたいに高くないから、ね。



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。