大丈夫?ちんこ揉む?

タイトル狂っててすみません()


9月から鬱のリハビリ施設に通いだしました。
2,3ヶ月後の復職に向けて規則正しい生活と、毎日の会話を楽しんでます。

施設に通う人の年齢層は様々なんですが、
中年のおじさんも多く、地方都市ってこともあってだいたい結婚してます。
なので、施設での何気ない会話でも「子供がグズって大変」とか「怪我した」とか
そういう話題が多いです。

そんな環境下にいるせいか、
最近、ぼく自身、漠然とではありますが「結婚」について考えることが増えました。


女性と結婚して、子供つくって、家庭をもちたい。


それについてTwitterでぶちまけたら思いの外反響がありましたので、
それを踏まえたうえで、備忘録的な意味付けでこの記事を作っとくことにしました。


将来のことを考える際、ゲイの場合はどうしてもずっとひとり(或いはパートナーと)で
暮らすことになります。
養子を迎えて夫夫で育てるというのも今の日本では現実的に難しい。

生涯独身というのは、気楽さという点では大いに結構なんですが、
やはり自分の血を引く、或いは自分の志(大げさ)を継ぐ存在がいて
彼ら彼女らのために生きていきたいという気持ちも、あるんですよね。


で、ここで問題になるのは、
①そもそもテメェ結婚できるような相手いるんか?
②子育てに向いてるんか?
③女と子作りできるんか?
④奥さんにゲイのことは言うんか?
⑤男同士の営みは継続すんのか?
のあたりでしょうか。


①②はノンケ男性においても言えることなので、まぁ一般化して語るのはやめておきます。
子育ては向いてない気がするけど…。
(姪にせがまれて塗り絵してあげたらガチの技法で塗ってしまって引かれた)

③から考えるにあたって、「既婚ゲイ」の方々のブログやらなんやらを
色々と漁って読んでみました。結構ググるとヒットします。
やはり当事者は悩んだりしてるみたいですね。


③は、問題なくヤれたって人と、目をつぶって男とヤッてると想像して頑張った人と、
結婚後にゲイ自覚した人(つまりその時は問題なくヤれた)、あたりが多かったです。
ぼくは、女性とヤッたことないのでなんとも言えないんですが、
ノンケもののAVとかみて女性の喘ぎ声聞くと萎えるので、期待はできそうにないかなぁと。

ただ、継続的に可能かというと、ちと厳しいきがします。
でも、そこはノンケ夫婦でも「セックスレス」という問題でよく取り沙汰されてるので
ゲイであろうとノンケであろうと関係のないところなのかもしれません。


④は、理解ある女性を探すしかないかなぁと思ってます。
ぼくは演技力が無いのと馬鹿正直な人間なので、
嘘をつく、或いは大事なことを言わないまま人と密な関係を築くのは
長い目で見るとできません。
(ぼくはゲイというセクシュアリティは大事なものだと思っています)

ビアンと所謂偽装結婚(友情結婚)する手もありますが、
その場合であっても、お互いプラトニックな愛を持ちあえるような間柄でなければ
結婚生活は難しいでしょうね。
幸い、自分の場合は過去を振り返ってみると女性と「友達として」仲良くやっていけた
例がいくつかあるので、ここはなんとかなりそうかなぁと勝手に思ってます。


⑤はかなりセンシティブな話題ですよね。
人にもよるとは言え、性的欲求の満足は生きてく上で結構大事だとぼくは実感してます。
でも、性的指向の向かない女性という存在とパートナーとなる場合、
浮気をして男で発散するしか道はないです。
実践してる既婚ゲイの方もいます。

予め、性的なことは各々別の人と発散すると納得したうえで
結婚できるような相手を見つけることになるでしょう。

ただ、あくまで浮気は身体だけの関係にとどめておくこと、
そして、奥さんとのスキンシップ(エッチまではいかなくても)は必ず継続すること、
基本として家族への愛は大事にすること、
このへんは肝心なポイントかなぁと思います。
スキンシップ、大事です。


とまあ、淡々と当たり前のことを書き出してみました。


ここからはぐだぐだ書いていきます。


ゲイである自分が結婚したいけど出来そうになくて悩む、
その根源には何があるのか?

・性欲の発散の行為
・子作り

この2点は、ノンケ夫妻であれば、はじめは同じベクトルを向く行為であるはずです。
しかし、ゲイの場合はまったく違う。
だから、そこでまず躓くんでしょうね。

ただし、数年経ってみたらどうでしょう。

妊娠したり子育てをしたり、お互い歳とってきたり。
セックスレスになる夫婦も少なくないのが現実です。
事実、熟年離婚やら熟年不倫、熟年中絶など、けっこうな社会問題になってるみたいです。

そう考えれば、上記2点は、ノンケ夫妻であれば全ての夫婦がずっと同じベクトルを向ける
わけではない、ということです。

その局面において、ゲイであろうとノンケであろうと、同じ状況になるんじゃないでしょうか。

逆に、ゲイであれば、性欲の発散の対象が男である以上、妊娠には発展しないし
法的にも問題ない(のかな?)ので、少しはマシなのかもしれません。
恋と愛(家庭)とを明確に切り分けやすい印象はあります。

倫理的に問題と感じるのはノンケと変わらないと思いますが…。

そして更に言うと、ゲイ同士のカップルであっても、浮気問題はあります。
ゲイ同士の場合だと法的に婚姻関係が無いわけなので気軽に浮気ができるんですね。


何が言いたいかというと、
ノンケ夫婦であっても、
ゲイと女性の夫婦であっても、
ゲイカップルであっても、
何年か経てば、浮気する人はするし、しない人はしない。
だから、自分が結婚してよいのだろうか?と悩むにあたって
浮気に関することは特別に考慮に入れる必要はそんなに無いんじゃないか、ってことです。

犯罪にされならなければ、恋の形は自由なはず。
そして、2人の関係も、こうあるべきという形は無く、三者三様。

うまくやっていけるような相手と巡り会えたら、その時に考える、くらいの
ゆったりとした心構えでもいいのかなぁと、色んな人の意見を聞いて、思いました。

勿論、結婚というのは相手の人生、親戚関係などの全てをお互いに背負うという
とても重大なことなので、生半可な気持ちで結婚しようとは思いません。
ただ、ゲイだからといって、即、女性との結婚という選択肢を消してしまうのは
違うんじゃないかな、と考えるようにいまぼくは思ってるわけなんですね。



昔は、そもそもゲイという存在をオープンにできる時代ではなく、
加えて結婚は絶対するものだ、というものだったので、ノンケ・ゲイ問わず
多くの人が結婚していました。

今は、その辺が自由になってきていて、ゲイとして生きる、つまり
ゲイカップルで住んだり、住まないにしても長く付き合う人が増えました(法律上は独身)。
ノンケにおいても、様々な事情で未婚の方は大勢います。

で、逆にここでぼくが「囚われていたなぁ」と思ってることがあります。
今の時代なんだから、ゲイであるのならば結婚はできない、しないもんだ、という
発想です。

別に、ゲイだからといって、女性との結婚を選んでもいいじゃないか、と。
そう思えるようになれば、更に気持ちや人生の選択肢が広がるんじゃないのかなと思うのです。


世界中で、いま、同性間でも結婚、あるいはパートナーになれるように
法整備が進んでいます。
日本でも一部地域の条例で、関係性を証明することができるようになってきています。
同性婚は当分先のことでしょうが、いつの日か、成立する、でしょう(希望的観測)。

その先にある、目指すべき形とは。

ゲイ・ノンケ関係なく、
結婚・未婚(あるいはパートナーという形)を選べる。
さらには、その相手の性別でさえ、選べる。
(不思議な例えをするならば、ノンケであっても同性と結婚してもいい、ということです)

自由とは、選択肢があることだ。

ゲイを自覚することで、ぼく自身、世界を広げることができた。
でも、逆に、それが人生を狭めてしまっている部分もある。

模索しつつ、とはなるだろうし、
結婚しても結局離婚してしまうかもしれない。

でも、はじめからゲイだから結婚は無理と決めつけず、
かといって結婚すべきと押し付けもせず、
柔軟な思考で生きることができたら
それはとっても嬉しいなって。


スポンサーサイト

コメント

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年09月17日(土) 15時31分 | | 編集

ちかひら(管理人) #-

Re: 僕も同じ感覚です

コメントありがとうございます!
もしも自分が親になったら…とか、家族のために頑張りたい…など、そういう気持ちを持つゲイの方も少なくないんだなぁと思えました。
ゲイであることばかりにこだわらず、かといって背きもせず、うまく付き合っていけたらいいなぁとは思いますね。

鬱のことも気にかけていただき嬉しいです。

またコメントよろしくお願いします\(^o^)/




2016年09月21日(水) 20時46分 | URL | 編集

#-

僕個人としてはゲイであることを周囲にカミングアウトしないまま女性と結婚するのは、「身近にゲイは存在しないんだ。みんな異性愛者で異性と結婚するんだ」という社会、世間の誤解を助長する結果になりそうで絶対したくないです。「全然結婚しないからゲイかと思ってたよ」などと言われたら笑ってやり過ごすなどできないので。
もし僕が女性と結婚するなら、相手の女性だけでなく知り合い全員に「僕はゲイだけどこの女性と結婚します」と宣言して結婚するとおもいます。社会にゲイが居ないことにしたくないので。

2017年03月01日(水) 10時24分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>kさん

>相手の女性だけでなく知り合い全員に「僕はゲイだけどこの女性と結婚します」と宣言して結婚するとおもいます

kさんは強い人だなぁと思いました。
女性と結婚する=ゲイではない、という認知は必ずついて回る話ですよね。
そこに対して、自分はそうではないと宣言するゲイが少なからず居れば、
多少なりとも社会も変わってゆくんだと希望は持ってます。
それを自分が言える勇気は正直ないですが…(笑)

2017年03月02日(木) 20時44分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。