煩悩遍路20日目「欲」―菩提の道場―

目覚めると、今日も小雨が降っていた。

足の調子はまずまずといったところ。
昨晩処置したマメはなんとか痛みが軽減されていた。

でも、せっかく乾いた荷物も服も、宿を出てすぐにしとしと雨に濡らされる。

今日も今日とて雨の中、ひとり無言で歩くのだ。

ゆうべ出会ったおっちゃんは前か後ろか。
けっこう体力ありそうな雰囲気だったし、朝早くに出発してもうとっくに先に行ってるんだろうか。
会って話がしたいけど、見当たらない。



3時間ほど歩いて、42番佛木寺に到着。
境内にもおっちゃんの姿は見つけられなかった。
いるのは大量のバス遍路ツアーのおじいちゃんおばあちゃんばかり。

天気は曇り空だし、靴の中は湿ってるし、蓄積した徒歩による披露で足は痛い。
なんとなくダレてしまって、お寺の横の東屋で休憩していた。



諦めて出発しようとしたとき、目の前にゆうべのおっちゃんがいた。
後ろにいたのか!

会えて本当にうれしかった。ひさびさの歩き遍路、つまり同志との交流。
そのあと、10キロ先の43番明石寺でも再会した。
記念にと、写真を撮らせてもらった。

「ホームページにでも載せるの?(笑)」
「いやいや、単なる旅の思い出ですよ!」

彼は別格霊場も廻っているそうだ。
今晩はこの少し先の遍路小屋で野宿するかもと言っていた。

ペースも違うし、もう会うことはないだろう。
さようなら。気さくなスポーツマンのおっちゃん。



ここ明石寺の近隣の住民は、みんなあいさつを返してくれたのが印象的だった。
「頑張って」
「気をつけて」
「歩き?若いのに偉いねえ」

その一言一言に、元気と笑顔のエネルギーをもらった。
挨拶もお接待だ。



縁もお接待も、求めている時は現れない。
意識の外に出たときにひょいと顔を出してくれる。

不思議なもんだな。



さて、時刻は15時半。
朝の時点では、ぼくはここから更に23km先の「十夜ヶ橋」での野宿を目標にしていた。

この橋は別格霊場の一つで、弘法大師がその下で野宿したという言い伝えのある橋だ。
「金剛杖を橋の上でついてはならない」という歩き遍路の暗黙の風習はここが起源とされている。

そして面白いことに、四国で唯一野宿が「公認」されている場所なのだ。
(逆に言うと、他所は黙認ということでもある)
弘法大師と同じように橋の下で寝てみませんか?というわけだ。

半野宿遍路の身としては興味をそそられる場所なので是非ともたどり着きたいと思っていたが…

正直、あと23km、つまりあと6時間追加で歩く気力も体力も無かった。
この先には峠もあるし。



どうしてこうも無謀な計画を立てるのか、我ながら呆れる。
高い望み、低(くならざるを得な)い結果。
超高速マルさんにふっかけられた煩悩はなかなか取れないのだった。

それでも、歩き始めたからには後に引けない。
寝場所を探さなければ。



日が暮れる19時半ごろ、峠の先に札掛ポケットパークというトイレ付き駐車場の広場を見つけた。
ちょうどいいことに東屋もある。今夜はここで野宿にしよう。

テント泊、水タオル、慣れたなぁ。
成長したというか、いちいち神経使わなくなったというか。

テント設営と一通りの身支度を終えると、
晴れた夕焼け空に月が光っていた。

ベンチに腰をおろし、菓子パンで夕飯を済ます。
日課となっている日記をつけ、レシートを参考に帳簿をつける。
そして独り静かに、暗くなって眠たくなるのを待つ。
たまにウォークマンを聴きながら。



結局、今日の歩行距離はだいたい35kmくらいだった。

もう少しペースを上げれば、次の通院の時までに結願できる、はず。
でも、雨と山がある。
疲労がある。

心は揺れていた。

焦って苦労して距離を稼ぐことよりも、
今こうしているような、のんびりとした時間を多く持つことの方が有意義なのではないか。
心の底ではそんな気持ちが湧いていたのもまた、事実だった。

20日目


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP