煩悩遍路31日目「はじめから、決まっていた。」―涅槃の道場―

31日目(1)

「お遍路さん~!」
準備中のお店やさんのおばちゃんが後ろから大声で呼びかけてきた。
朝から飲むヨーグルトのお接待。
久々に青空が見える。今日も良い日になりそうだ。

歩いて一時間ほどで70番本山寺に到着。
五重塔は平成の大改修をしているらしい。
平成の大合併と並んで声に出して読みたい日本語。

納経所に行ったものの、人がいない。
何回か横にある鐘を鳴らしたりしたけどうんともすんとも…
その場に居合わせた車遍路のご年配の夫婦と苦笑いをしつつ、
大声で呼び出しまくっていると気づいてくれた。
そのやりとりが妙に面白く、記憶に残っている。



ここ三豊市は俳優の要潤のふるさとらしく、
写真と肩書(うどん県副知事、三豊ふるさと大使)付きの大きな看板が建物の上にあった。

というわけで沿道にあったこがね製麺所でうどんを食す。150円。
今後はうどん屋さんを見かけたら時刻関係なく入っていくスタイルに。



早咲きの向日葵を横目に、山に向かってなだらかな坂を登る。
11時半に72番弥谷寺に到着した。
観光客としてではなく、歩き遍路として。
2年半前のスタート地点に繋がったんだなぁ…。

一度来たことのあるお寺でも、遍路として来るとまた違った思い出となる。
大師堂は岩をくり抜いたような洞窟状になっていて、情緒ある場所だったし、
階段ばかりの境内も、他の札所と比べると特殊なんだなと思った。
いや、そもそも前来た時は大師堂なんて名称すら気にもしてなかったよな。



あの冬の日と同じ山道を歩く。
所々見覚えのある景色がある。

遠方に讃岐富士が見えた。香川に来るたびに見たし、2回登った山。
あの山を見ると香川に来たなと思う。
ぼくにとってすっかり馴染みの土地になった。



72番曼荼羅寺を抜け、73番出釈迦寺へ。
今回も捨身ヶ嶽禅定まで登る。
麓の納経所で荷物預かりますよと言われたけど、なんとなく修行のつもりで担いできた。
汗がとまらない。

前回は雪で諦めた、その先の岩場にも挑戦した。
…ロッククライミングかよ。
思った以上に険しいし、15kgのザックと暑さと湿気がきつい。
正直、ここはザック担いでくる場所じゃない。

自分で勝手に無茶して自滅しそうになるパターンをまたやってしまう自分が嫌になる。
こういうのをもっとテキトーにできるようにしていかなければと思った。

雨が降れば青空が見たい、晴れたら暑いのは嫌だ、登ればキツい、と言う。
人間、そんなものか。
でも、降りてきた時のそよ風の涼しさが心にしみる事実もある。

そんなことをメモ帳に書きとめながら、
熱中症寸前だったぼくは納経所のクーラーで涼ませてもらった。
ぼくを見かねてか納経所の方がお茶でも買ってねと200円接待してくれた。
その分と併せて、ペットボトル2本を一気に飲み干す。



出釈迦寺で予想以上に時間をくってしまった。
74番甲山寺に着いたのが16:30。
今日中に善通寺まで打っておきたかったが、納経のタイムリミットまであと30分だ。
距離は1.6km。さて間に合うか。

ゆっくり歩いていたじいちゃん遍路は善通寺は諦めて今日は甲山寺で打ち終わるという。
頑張ってみます!と宣言して、ぼくは善通寺へと向かった。

見覚えのある町並。見覚えのある道路。見覚えのあるうどん屋さん。
急ぎ足で駆け抜けてゆく。
そして、ぎりぎりのタイミングで75番善通寺に到着。

4回目にして、やっとお遍路としてやってきました。
そう報告して、静かになったお寺をあとにした。



17時半、ゲストハウスKを訪れた。
宿泊するのは5回目。宿泊日数でいうとたぶん7泊目。
この宿に歩き遍路として来たんだという不思議な気持ちがする。

お遍路をしてきたからこそ分かる、この宿の素晴らしさ。
そして「帰ってきました」という故郷のような感情。
前回来たときに言った約束、果たせましたよ。「次はお遍路として来ます」と。

今回もまた、家族総出で迎えてくれた。
仕事のことも色々気にかけてくれているし、お遍路での経験も聞いてくれた。



買ってきた夕飯を食べていると、2階から降りてくる聞き覚えのある男性の声が。
なんと、愛媛の内子で一緒に鯛めしを食べた100日遍路のマサさんだった!
3日前民宿Oで名前を聞いて以来、そのうち追い抜くかもと思っていたが、
まさか宿で再会するとは。
ご縁ですなぁ…。

「君もかなりゆっくり歩いてたんだねぇ」と言われたけど、
「ぼくは2週間家に帰ってました(笑)」というオチ。

マサさんも含めてお遍路話に花が咲く。
笑顔がいつまでも続く夜だった。



旅先では、どうしても出来事に意味づけをしてしまうものらしい。

思えば3年前、四国一周スケッチ旅の最初と最後の宿がここだった。
あの旅で、一人の長旅の楽しさを知った。

次の冬の宿泊では7ヶ所まいりをすることになった。
オーナー夫婦には沢木耕太郎の『深夜特急』という本を教えてもらった。
26歳は旅をする年齢だ、と作者は書いていた。

そもそも四国に旅をするきっかけをくれたのは宮田珠己の『だいたい四国八十八ヶ所』で、
まさに遍路ド直球の本だった。


偶然のことも、自分で選んだこともある。
でも、ぼくが「26歳」で「歩き遍路」をするという未来が、
あの日にこのゲストハウスに泊まった時に確定していたのかもしれない。
すべてははじめから決まっていたのだ。

このゲストハウスとの出会いも、七ヶ所まいりも、本も、就職も、部署異動も、鬱も、休職も、
すべてがこのお遍路実現の未来へと収斂する…。



きっと現実には、
上で羅列した以外にどんな出来事があったとしても、お遍路は実現させたのだろうとは思う。
深層心理でずっとお遍路がしたいと思い続けていたから。
その実現手段や形は何であれ、人は生きたいように生きている。



連泊することにした。明日は雨だし、休養日にする。
「涅槃の道場」2日目は、幸せな感情に浸りながら終わった。

遍路旅の残り日数は片手で数えられるほどとなっていた。

31日目(2)


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。