煩悩遍路34日目「よう頑張ったな」―涅槃の道場―

34日目(1)

7月15日。
橋の下は風が強くて、涼しかったがテントの片付けが大変だった。



今日は五色台にある80番国分寺、81番白峯寺、82番根香寺を打つ予定。

昨日行こうと思っていたうどん屋さん「がもううどん」は8:30からの開店。
少し時間があるので、近所のコンビニのベンチで暇つぶしをしていた。
すると作業着のおっちゃんが声をかけてきた。

「兄ちゃんお遍路さんか。朝飯は食べたか?」
「まだです。これから近くのがもううどんに行こうと思ってて」
「がもううどんなら毎朝行ってるから連れてくよ」

なんと常連さんだった。お言葉に甘えて、車で連れてってもらう。
開店30分前だが、既に人が並んでいた。

おっちゃんに連れられて、開店より早くに店内に入る。
全員常連さんなのだろうか、各々が呪文のような言葉でうどんを注文し、トッピングをとる。
おっちゃんは立ったまま食べ、気づいたらおかわりもしていた。
ぼくもまごまごしつつ、教えてもらいながら注文(「温大」250円)。
空けてもらっていた大テーブルの真ん中の席に座る。

朝イチの常連さんの輪に入れてもらって、遍路に関する質問攻めにあい、うどんをすする。
「ここまで歩いてきたんかー」「頑張ったなー」
とても楽しい朝ごはんとなった。無理して昨日来なくて良かった。
大師さんは「ゆっくり行け、そうすれば出会いがある」と言っているのかな。
この時撮ってもらった写真には、良い笑顔をした自分が写っている。



ついに大台、80番札所国分寺。ここからは五色台への登山だ。
山の上の十九丁という三叉路で西に折れ、81番を打ってから同じ道を折り返し、
82番を打って、そのまま東から山を下るルートをとる。

ここは人によっては81→82→80という順番で打つ人も多いらしい。
まあぼくは例によって数字順。



今朝少し降っていた雨のせいか、ぬかるんだ泥にたまに靴が浸かる山道を進む。
十九丁~81番の途中で、向かいから…あの100日遍路のマサさんが歩いてきた!また追いつけた。
善通寺以降のお話を少ししてから、またお別れ。82番あたりでまた会えるかなぁ。



12時半、81番白峯寺に到着。
お参りを済ませ、境内でおにぎりを食べていると、おじさんが話しかけてきた。
「よう頑張ったな。悟れましたか?」
「いやー…(笑)」
「でもここまで苦労して来て、横から見てると、雰囲気持ってるよ」



来た道を折り返す。
歩き始めは足が痛いが、勢いがついてきたら無心でスタスタと歩ける。
考えたり山道を直視してるときつい。
人生と同じ。



15時前、82番根香寺に到着。
このお寺は、山中を修行の場とした山岳仏教がベースになっているということもあり、
木々に囲まれた神聖が雰囲気がとても良かった。カエデも多く植えてあるので、秋は綺麗だろうな。
お寺の前にある牛鬼の像も怖くもかわいかった。

納経所に行くと、係の人から「ちかひらさんですか?」と聞かれた。
どうして名前を…と不思議がっていたら、預かり物ですと、袋を手渡された。

『善通寺 カタヤキセンベイをどうぞ』と書かれた紙とお菓子。

マサさんがお菓子をぼくのためにと納経所に預けていたらしい。
良い人だ…。お寺の雰囲気も相まって、泣きそうになった。
こんな出会いもあるんだ。

人よりもゆっくり歩いているマサさんにとって、
二度以上会う歩き遍路仲間はあまりいないのかもしれない。
それだけに、ぼくとの“縁”を嬉しく思ってくれたのかもしれない。
自分の心のモチベーションを上げるための推測がかなり含まれているけど、
この縁はとても素敵なものに思えた。

結願したら絵手紙を出そうと決めた。



下山。
節電しているとは言え、スマホのバッテリーが予備を含めて減ってきて困った。
宿に泊まるしかないかな…と悩んでたら、近くにコインランドリーを発見。そこにコンセントが!
2日分の洗濯物も含め、まるっと解決。なんとかなった。

コインランドリーは地元の人との出会いの場。
香川の人は、ここまで頑張ったねと声をかけ、接してくれる人が多い。

お喋りしていた近所のおばちゃんから、夕飯に家で作っていたというお好み焼きと、
庭で採れた大きなトマト3個を頂いた。
お好み焼きについてはめちゃくちゃビビった。これまでのお接待の中で一番生活感があった。
ごちそうさまでした。



今晩も日帰り温泉へ。20時近く、さすがに辺りは真っ暗だ。
温泉代は安くは無いが、自分の中で優先度が高い。
お金は、その人が、価値あると思うものになら、ためらうことなく使えばいいと思った。



少し手前に戻って、広い川原の橋の下でテントを張る。
高松市まで来た。残るは、あと2日。

34日目(2)


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。