煩悩遍路35日目「虹に向かって歩け」―涅槃の道場―

歩道に寄ってきた車の運転席から、お兄さんが腕だけ出して栄養ドリンクをくれた。
「ヨッ!」とだけ言って去っていった姿がとても恰好よかった、朝。



早々に83番一宮寺を打ち、北へ進路を変えて高松の中心部へと向かう。
横には栗林公園が見えた。3年前のスケッチ旅の初日に来たなぁ。あの日も暑かった。

10時、ちょっと寄り道して、うどんの有名店「さか枝」へ。さすが、混んでる。土曜日だしな。
「かけ中」にトッピングのあげ、ちくわ天を乗せて、390円也。
かけつゆを、ずんどうから伸びている蛇口から出すのが面白かった。



次は84番屋島寺だ。
屋島はその名の通り、遠くから見ると屋根のような台形の形をしている、山頂が平らな山。
昔は島だったらしい。どういうことだろ。

お寺への道のりはめちゃくちゃ急な坂で、その傾斜のまま舗装されてるもんだから、
余計にしんどい。
近所の人や観光客もそこそこ登っていた。自分の方が荷物量は半端なく多いが、何人か抜かせた。
疲れているとはいっても、体力はやっぱり付いているもんだ。

山頂からは昨日の五色台が見えた。あそこに昨日いたんだ。
納経所、境内、展望台、どこも賑わっていた。世間は海の日の3連休。いつの間にか夏休み。
連休を使って逆打ちをしているのか、経所に行列が出来ていた。お遍路の恰好をしてない人も多い。
そんな中浮いているガチの歩き遍路のぼくにだけ、納経所のおじさんがお菓子をくれたり。

下り坂も急だった。登りの比じゃない。こっちは土のある一般的な登山道の雰囲気だったが、
所々ロープがかけてあったり、木が倒れて道を完全に塞いでいたりして、危険な匂いがした。
途中で逆打ち歩き遍路さんに会ったけど、かなりへばっていた。遍路ころがしみたいなもんだな。



川を越えると、今度は85番八栗寺への坂道が始まる。
このあたりにあるうどん屋「山田屋」を以前超高速マルさんからオススメされていたので、
寄ってみた。
瓦屋根の建物。きれいな内装。お客の年齢層。やっぱ高級。
「ざるぶっかけ」570円は、上品でおいしかった。
高すぎはしないけど、他の雑駁な讃岐うどん屋に比べると、高めかな。

屋島の登り坂で疲れていたこともあって、八栗寺へはケーブルカーに乗ることにした。
560円で上まで行ける。リクくんが言うところの合法ワープ。
これで、乗った交通機関の種類に、電車、船、車、バスにケーブルカーが加わった。
もしロープウェーに乗ってれば、コンプリート感はあったかも(笑)

「歩きにこだわらない」ということにこだわっていた以前の自分を思えば、
今回特にためらいもなくケーブルカーに乗れたことにちょっとびっくりはした。



境内で、般若心経の写経ができるとの張り紙を見つけた。
その時はそういう心境だったのだろう。申し込むことにした。

般若心経が薄くプリントされている紙と筆ペンをもらう。なぞるだけでいい。
ひとり静かな畳の部屋で、字を書いてると心が落ち着く。
願意の欄があったので、考えた末、「自信をもって生きる」とした。
各所で受けてきた「お遍路の目的は?」という質問に対する、自分なりの答えを出したことになる。

千円で奉納すると、多宝塔にずっと奉納してもらえるとのこと。
よろしくおねがいします。

写経をしたからか、結願が近いからか、妙に気持ちが落ち着いていた。



夕方、道の駅に野宿しようと思ってたら、野宿禁止とのこと。
しょうがないので、もう少し先の素泊まりの宿に予約を入れた。

宿までラスト、海沿いの住宅地を東へ歩く。

ふと見上げると、空に虹がかかっていた…。
「虹に向かって歩いてね!」と、地元のおばちゃんが自転車を漕ぎながらエールをくれる。

旅の終わりにふさわしい気がした。
自然に、人に、励まされている。



チェックイン後、宿の近くのお好み焼き屋へ。
お客はぼく一人だった。

ぼくが着ていたモンベル(アウトドアメーカー)のTシャツを見て、
アウトドア好きなんですか?と主人が聞いてきた。
それをきっかけに、旅の話、モンベルの話、カヌーの話、冒険の話…と発展した。

カヌーイストの野田知佑さん、冒険家の植村直己さんの本をくれた。
植村さんの特集番組の録画も見せてくれた。
2人ともぼくは全然知らなかったので、新鮮だった。

ビールもおごってもらって、いい具合に酔ってくる。
追加で焼きそばを注文し、もりもり食べる…うまい。なんだか幸せだった。
主人が店先の電気を消した。お店は貸し切り。客はぼく一人。

主人も旅が好きらしい。
昔、旅先で優しくしてもらった経験から、今は旅人には優しくする主義なのだそうだ。
旅人から旅人へのつながりの連鎖がここにもあった。

「明日晴れてたら、裏の海でカヌーを教えてあげるんだけどなぁ」



静寂に包まれた夜の志度の町を、サンダル鳴らして宿へ帰る。
宿の主人に聞けば、ここから88番札所までは半日で行けるらしい。

そうか…いよいよ明日が…最後。

35日目(2)



スポンサーサイト

コメント

にしお #-

ついに…!

野田さんの紀行エッセイ俺も好き!四国で自然教育の学校の主宰をしてらっしゃったような><

こんな旅の終わりに虹に向かって歩くのよは震えたw
ブログタイトルともリンクしてんぢゃんっwww
自分の性質や状況考えたら色々な意味に取れるよなぁ


ちかちゃんが虹のふもとで何を見つけたのか、虹のアーチをくぐってどこへ行くのか、遍路ブログの終幕を刮目して待つわ

2017年03月04日(土) 10時24分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>にしおさん

ついに結願でございやす。

あの日の虹は本当にご褒美だなと思ったよ!
そして通りすがりの人、ほんと粋なこと言ってくれるよねぇ。

結願後も高野山までまだ少し旅は続くからもう少しお付き合いください^^

2017年03月10日(金) 22時00分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。