煩悩遍路 高野山へ

高野山

結願の日から5日。
夕方、和歌山県は九度山、町石道の途中の展望台にいた。
今夜はここの東屋で野宿をする。

町石道は、南海電鉄の九度山駅から高野山へ続く、22kmほどの山道である。
高野山へはケーブルカーでも行けるが、なんとなく歩いて到達したかったのでこのルートにした。

16時すぎに、おっちゃんが下山してきた。
歩くのが好きで、近場にある100kmくらいのトレイルをいくつか歩いているらしい。
お遍路さんでは無いようだ。

「四国遍路、終わったんですけど実感がなくて」
「今は無くてもそのうち出て来るかもね、数年後とかに。少なくとも自信にはなるよね」

「色んな人に会い、その人の価値観に振り回されてみるのは大事。考えるきっかけになる」



展望台なだけあって、夜景もきれいだった。
自分ひとり、いま世俗から離れて山の中腹で野宿しているんだ…と実感する。
うれしいような、さみしいような。

野宿するのも、今夜が最後だ。



夜が明けた。7月23日土曜日。
朝焼けが眼下の川に反射して、神秘的な美しさだった。

いい天気だ。高野山へ、いざ出発。

途中で、後ろからおじさんが追いついてきた。
区切り打ちでお遍路をしていたらしく、ぼくと同じく今日高野山へお礼参りに行くとのこと。

ペースが結構早く、12時半には高野山の大門に着いた。
ここは26℃。涼しい。



高野山は広かった。その中の道路を歩き、奥の院へと向かう。
土曜日ということで一般の観光客も多く、菅笠と白衣は多少恥ずかしいけど、
やはりそこは高野山。
車やバスで遍路を廻ったのであろうおじさんおばさんが、結構話しかけてくれた。
仲間意識みたいなものを感じてくれていたのだろうな。



奥の院へ行くと、杉の巨木がボンボン生えていて、厳かな雰囲気がそこにはあった。
武将たちのお墓もある。

奥の院のその一番奥へ。
この先には、かつて空海が入ったきり、誰も入ってはいないという。
そこから、今でも空海は生きているという伝承ができているようだ。

今でも、ここのお坊さんは毎日空海用のご飯を準備している。



空海さんに、88ヶ所めぐりの完了を報告。
そして、手前の納経所にて、納経してもらった。
「歩きで廻ったんですね。結願おめでとうございます」



これで本当に、ぼくのお遍路は終わったんだなぁ。



その後、また2日ほど名古屋で友人と遊んだあと、電車で家へ戻る。
大垣駅からの車内、ボックス席でたまたま向かいの席に座ったおじいさんが、
ぼくの荷物を見て話しかけてきた。
以前、ツアー遍路の説明会に行ったことがあるらしく、羨ましがられた。



四国という土地を離れても、見知らぬ人と話ができる装置、それが
四国遍路なのかもしれないな。

おじいさんはこう言って、電車を降りていった。
「満願成就おめでとうございます」

【完】


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP