二度目のお遍路へ

先週末、お遍路で知り合った超高速マルさん(この日とかこの日とか)と二年ぶりに会ってきた。いまは自分の住むところの近くの県に住んでいて、遊びに行きますと一年前に一度メールのやりとりはしてたんだけど、今回時間が出来たからふと連絡してみたら先方がちょうど暇だったというラッキー。

で、めちゃくちゃ楽しかった。

お遍路の話から、登山の話、それぞれの近況など話は尽きず。色々と奢ってくれたり泊めてもらったりご飯用意してくれたりして、感謝しかない。そういえばお遍路の時も何度かごちそうになった。本当にいい人だなぁ。

あの時は2日にわたって会ったとはいえ、実際に喋った時間はせいぜい5,6時間くらい。今回は一日中構ってもらってたので、あの時よりも長い時間過ごすことができた、と考えるとなんだか不思議な感じ。また登山しにいこうよと誘ってもらってる。縁はまだまだ続く。大切にしよう。


自分が結願してからのこの二年間、ほとんど毎日お遍路のことを考えてしまう、ほかの旅と違ってお遍路って影響力が大きいですよね、と話していたら、君は四国に呼ばれてるね(笑)と言われた。

さすが、3回いっているだけのことはある、かなり図星だった。


同じ旅をなぞることはしたくない、だから歩き遍路は二回目はやらない、と思っていたけど、それって行かないための単なる言い訳に過ぎないなと。本心は……終わったあの時から変わらず、もう一度行きたくて仕方ないんだよな。できることなら通し打ちで…

趣味ではまっている長距離登山も、知らない街へのロングドライブも、車中泊も、全部お遍路の妥協案。自分をごまかしているのだ。

一つだけ…制御するのなら、歩き遍路の2回目は、今描いている漫画を描き切ってからにしようとは思った。思い出を上書きしてしまったら、まったく違う内容の漫画になってしまうような気がして。でも、それも結局言い訳だよな。いま、行きたいと思ってしまっている以上、今がその行くべき時なんだと。


そのあとマルさんからメールが届いた。
四国は呼ばれて行くもんだ、呼ばれたのなら素直に従うのがいいんじゃない?
いつか分からないけど自分は行きます。

四国に「呼ばれる」、その若干スピリチュアルな危うさを持つけれど経験者ならその微妙なニュアンスが分かる表現。たしかに、僕はあの時呼ばれたからお遍路に行ったし、今もまた、呼ばれている…。それは欲望を通すための安易な大義名分なのかもしれないけど、きっと行けばまた何かがあるはず。


あの土佐久礼でノせられて50kmまで歩いたように、今回もまたノせられているような気もする。でも、その背中を押す手を僕はこの2年間ずっと待っていたように思う。


というわけで、行ってきます。歩き遍路2巡目。
ちょうど仕事が暇な時期なので、無理言って平日一週間ドーンと休暇をもらった。はじめはドライブで四国に遊びに行こうと思っていたけど、変更して歩き遍路へ。土日含めて9日間で行けるところまで。気分次第だけど、GWもその続きをやるつもり。

きっと歩いてもまた、さらに歩きたい気持ちは膨れるだろう。この「お四国病」は一生治らないんだろうな。でも、一生この病と付き合っていくのも悪くない、かな。


そういえば同じく遍路仲間のリク君は春からスペインのサンチャゴ巡礼に行くらしい。すごいな。がんばれ!



スポンサーサイト

コメント

陽太 #-

ひょー!2回目!!お遍路は人生観を変えると伝え聞いたことがありますが、どうやら本当のようですね。
そういえばバックパッカー仲間でインドに行った人が、ちかひらさんと同じようなことを言っていたのを思い出しました。
"呼ばれる"ってのは俺にはまだ未知の感覚ですが、それもまた縁なのでしょうね。

このブログの影響もあって、俺もなんだかお遍路に興味が湧いてきております。
今年転職を考えてましてね。うまくいくかはわかりませんが。
有給消化が1ヶ月半くらい取れそうだから、ベネズエラ行こうかアリゾナ行こうかお遍路行こうか、仕事も決まってないのにいろいろ想像しちゃってますw

2018年04月12日(木) 11時08分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

>陽太さん

ひょー!コメントありがとうございます。一週間の区切り打ちから帰ってきました。いわゆるインド病とたぶん似た症状だと思います。インドはもっと凄そうですけど(笑)
転職ですか!お遍路ももちろんオススメですが、ぜひご自身が気になってるところに行かれるのがいいかと思います^^ 良いほうに進むことを応援してます!

2018年04月15日(日) 20時21分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP