はじめて落ち込んだ日

高校に入ってもいまだ自分がゲイだとは思いもよらない日々が続いてました。
毎日勉強したり部活したり遊んだり。他の男の子と同じように。

ただひとつ、違うといえば、テレビや新聞に男前な人が出ると、なんとも言えないような気持ちになること。
僕の机の引き出しには、野球用具のカタログをひそかに入れていたりもw(選手がたくさん載ってる)

でも周りの奴らもこうしてるはずだと、勝手に勘違いしていたのが幸いなのか不幸なのか。


自分が他の人と違うだなんて微塵も考えずに過ごしてきた僕に、
ある日、とある事態が発生します!
(そんな大した話でもないけど(^_^))



高校二年生の年明け、ある大河ドラマが始まりました。

それは・・・「風林火山」!
主演は内野聖陽さん。

第一話を見て、自分の心に電気がはしりました。
かっこ良すぎる!!!


その数日後、本屋さんに行く機会があり、僕はためらわず、公式ガイドブックを購入。
そこには内野氏のいろんな写真がありました。

時代劇なので僕の好きな太い眉毛、肌が黒い(笑)。
特に風林火山は、野生感たっぷりに創りあげていたので、もろ好みでした!


そのガイドブックを見ながら過ごす毎日。
当然、勉強に集中できるわけがないw

後ろの方に、出演者の対談が掲載されていたんですが、
そこに載ってる現代の恰好の内野さんの写真に、僕は魅了されました(*´ェ`*)

その内の一枚↓
内野聖陽

毎日毎日眺めては、ぼーっとする。

自分でも、なんなんだこれは…と思っていました。


挙句の果てには、授業中も窓の外を見てため息をつくなどwww
数学のO先生から、「どうした?疲れたんか?」と聞かれ、
「いや~、色々あるんですよ・・・」としか答えられなかったですね。


四六時中、内野氏のことばかり頭に浮かぶので、まさかこれは恋なのかと初めて思いました。

部活中に友達に聞きました。


僕「ねぇ、恋って、どんなの?・・・」

友達「∑(; ゚ ロ゚)・・・ど、どうしたん!?ちかひらがそんなこと言うとか!」

僕「朱い実がはじける感じ?」

友達「まあそんな感じやけど・・・恋したん?」

僕「いや、違うけど・・・」


で、確実にこれは恋だと自分でも思ったわけです。
その日の部活後、僕は部室の前の犬走りに座り込み、膝を抱えて泣きました。


なんで僕は男の人を好きになったんやろう。

それもテレビの中の人やし。会えんし。


どうしようもない感情がどんどん溢れてきて、涙は止まりませんでした。
ちょうど夕暮れで、悲しさは倍増しました。


周りで友達は心配してくれていました。

何で泣いとるん?そろそろ帰ろう。


帰り道、いつものように4,5人で帰りました。
僕はなにも言わず、落ち込んだまま。

友達「どうしたん?なんかあったん?」

僕「いやー、男としてショックなことがあってね・・・」

友達「ED!?www」

僕「違うっちゃー!www」


ちょっと元気でました(;´∀`)


しばらくたつと、次第に内野熱は和らぎ、自分がホモかもしれない疑惑は頭から消え去りました。

それでも、どこか引っかかる部分を抱えながら、そのあと3年半、ノンケとして生きていくのでした。
スポンサーサイト

コメント

まっとし #G3xv5MFg

僕も・・

おはようございます

ん~、僕も自分がゲイじゃないかと疑いだしたのが高校二年の頃でしたねぇ
遅いですねぇ(^^;
それまでは女の子とはフツーに付き合ってきたつもりだったんですが
ある日校舎の中、前の階段を友達と談笑しながら下りてくるヤツに逢って
逢ったこともないはずの僕の顔を見て一瞬微笑んだ・・ように見えた
それからそいつの事が気になって気になって
でも自分のこんな気持ちに戸惑ったり否定してたりしてた僕には余裕がなくて
とうとう名前も訊かないまま卒業してしまった
同じ学年でどこの科くらいはわかるけど・・
出張チェックにまで出かける勇気はなかったでした
それから気の入っていなかった女の子との付き合いはピタッとやめました
今にして思えば別にイケメンでもなかったし
背だって高くもなかったしスタイルいまいち
ただ笑った時の目がきれいだったなぁ~
初めて自分から手を握りたいって思った相手だった
もしあの時の僕のわけのわからない気持ちが
相手に伝わっていて
相手もそれに答えていたらどうなっていた事やら
かえってホンワカだけでよかったような気もします
あれから18年?スゲッ
もうあれから倍は生きちゃってるなぁ
自分の何がかわったのかなぁ・・

2011年10月19日(水) 05時36分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

Re: 僕も・・

> まっとし さん

コメントと貴重なお話ありがとうございます(^o^)丿

まっとしさんも遅めだったんですね~!僕もこの頃から、何となく違和感ができ始めました。
(はっきり自覚したのは大学3回でしたがw)
すれ違いの一瞬が運命だったんでしょうかね。その人が今どうしてるかも、気になりますね^^

長い年月のうちにどう変わったにせよ、この道を選んでよかったと思える人生を送りたいです。

2011年10月20日(木) 00時45分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP