はじめてのカミングアウト

2010年11月2日。

ゲイを自覚してから5日後、僕ははじめてのカミングアウトをした。




あの日、自分がゲイだと判明してから、僕の心臓はいまにも張り裂けそうなくらいバクバクしていた。
四六時中である。

授業には集中できないし、会話もままならないし、眠れない。
「僕はゲイだゲイだゲイだ…」と、常に考えてしまっていた。
これからどうしたらいいのかも分からないし、とにかく精神的に参っていたと思う。

ネットで色々みても、余計に不安とかは募るばかり。


そんな中、とあるブログにカミングアウトのことが書かれていた。
その人の大学生活について自伝的に書かれていたブログで、(それは僕のこのブログ記事のアイデア元でもある)
友達や兄弟にカミングアウトしたときの様子が詳細に書かれていて僕の心につよく残った。




誰かに聞いてもらわない限り破滅しそうだった僕は、
それを参考にしつつ、僕はカミングアウトを決行することにした。




その日の朝の授業中は何も集中出来なかった。
身体がガタガタ震えていた。
みんなは普段通りであるのに僕だけがおかしかった。
みんなは僕がゲイだとは知らない。
言っても受け入れてくれるだろうか?



午後空きコマの時間、
3回生用自習室に、僕はいつも一緒に行動してる親友のクラスメートと何ともなしに入った。
そこには既に二人クラスメートがいた。


その時僕はその親友に最初に言おうと決めていたので、
他の友達二人もいる中、僕は口を開けた。


「あのさぁ、僕、ゲイなんよ。多分気づいとったと思うけど。」


それから僕は瀧のようにいままでのゲイっぷりを語った。
社会化の先生が好きだったこと、
数学の先生が好きだったこと、
オカズは野球選手だったこと、
…etc


はじめの一言で、みんな「えっ!?」ってなったけれど、その後は僕の話しを聞いてくれた。
何て返答したらいいか困っているようにも思えたけど笑


ある一人が、
「俺男子校やったからそういう奴らたくさん知ってるし、別に何とも無いよ」
みたいなこと言ってくれたのは覚えてる。


そんなこんなで多分30分以上経った。


すると自習室に他のクラスメートが二人入ってきた。
一瞬その場の異様な空気に戸惑っていたような。


ついでに彼らにもカミングアウトした。

一人はちょっと嫌な顔していた。
「マジで?ネタとかじゃなく?」
「うん、ネタじゃなくて本当にゲイなんよ笑」

オカズの話をすると結構ショックが大きかったみたいだ。


一方、もう一人の友達は、色々と相談に乗ってくれた。
どんなことを話したかは忘れてしまったけれど、
「俺に話してくれてありがとな、またいつでも相談してくれ」
って言ってくれたのだけは覚えている。

いままで彼のことをあんまりよく思っていなかっただけに、すごくびっくりした。
これをきっかけに、今ではかなり仲良くなれてるなぁ(^^ゞ


最後に親友に一言いった。

「今まで言わんくてごめん。いつも一緒におったけぇ気づいとったんやない?」
「前からゲイキャラ扱いされてたやんwww」
「…www」




結局初めてのカミングアウトは友達5人に言うこととなったけど、
話してしまうとものすごく気が楽になった。
いままでの動悸もなくなったし、空が明るくなった。


これからは僕はクラスでゲイとして生きていくことになる。



---
500枚耐久模写計画

27枚目、2011/12/15

スポンサーサイト

コメント

ブレイク #-

No title

初めまして!
サヴウェブのリンクからちかひらさんのブログを見つけてやってきた現在高3生の者です(笑)

僕はつい二週間ほど前に自分がゲイだということに確信して、それからずっとそのことで悩んでいまして…。(現在進行形でw)

ちかひらさんのブログを見て、自覚してから5日後にカミングアウトするなんてすごいな~って思ったりして、自分もいずれカミングアウトしなきゃいけないのかな~とか思うのですが、皆受験で忙しいのでそんなこと言えるわけなくて…(自分は大学決まりましたが)。

やっぱりカミングアウトするタイミングとかってあるんでしょうか?いきなり唐突に質問してすいません…。

2011年12月16日(金) 18時01分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

Re: No title

>ブレイクさん

コメントありがとうございます!

高三で気づいたんですかー。まだ日数がさほど経ってないそうで、悩みは膨れ続けますよね。
僕の場合は、はっきりと確信したのはいいもののメンタルが弱いので、隠し通すだけの強さがなかったという表現が正しいかもしれません(^^ゞ
カミングアウトは言う方も言われる方も時間と体力をかなり使います(一度言ったらおしまい、ではなくてその後も度々会話をしていくことが重要)。
大きなショックを与えてしまうこともあるので、友達の受験に影響を与えてしまうかもしれませんね(^_^;)
また、高校という閉鎖的なコミュニティーだと一気に広まって、居づらくなるかもしれません。

僕が失敗したなと思うのは、
“ゲイ”とはなんなのかをしっかりと理解しないまま言ってしまったことです。
それと、自分をゲイとして肯定的に捉えられるようになってないとうまくいかないことも多いと聞きます。
タイミングは、ある程度わかってきてから、友達にカミングアウトをする様子を想像してみて、大丈夫そうなら
OKだと思いますよ。

ただ、僕みたいに勢いで言っても大丈夫なこともありますし、最終的にはご自身で判断してくださいね!
自分のことをなんとしても知ってほしいという友達には、言う価値はあると思います。
でも、言ったら最後、後戻りはできないのでそのへんしっかり考えて下さいね。

2011年12月18日(日) 01時20分 | URL | 編集

ブレイク #-

返事くれてとても嬉しいです!

やっぱり聞かされる方の事も考えないとダメですよね…(*_*)

それに、僕自身もまだちゃんとゲイについて理解してないところもあるので、もう少し待ってじっくり考えたいと思います♪

とてもためになる返事ありがとうございました!(*^_^*)

余談ですが…昨日大学の入学前教育に行ってきたんです♪

けど常に周りは女の話ばっかでついていけなかったんですよ(笑)

全然理解出来ませんでした(^_^;)

まあ…改めて自分は男の人の方が好きなんだな〜って気づかされましたけどね(笑)

2011年12月18日(日) 15時17分 | URL | 編集

ちかひら(管理人) #-

Re: タイトルなし

僕の言ってることも個人的な意見に過ぎないので、他のサイトや本を見て、
いろんな人の考えを知ることが大切です。
しっかりと考えて頑張ってくださいね^^
きっと、なんとかなります笑

入学前教育なんてあるんですか~!
女の子の話についていけないのは、仕方ないですね(^_^;)
大学に入ると、特に飲み会ではそんな話題ばっかりなのできついかもしれませんが
うまくかわしつつ楽しめば問題はないと思いますよ!

それでは。
よかったらまたコメントくださいね♪

2011年12月19日(月) 18時30分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP