はじめてあったゲイの人達

新年度になって、研究室に新4回生が入って来ました。
いよいよ僕も先輩かぁ~!研究テーマとかのことで焦りばかりの毎日です(^=^;

不安を過剰に感じてしまう癖があるのですが、
「まあなんとかなるさ」の気持ちを意識的にもって深呼吸していけたらなと思います。


さて、
久々に半生日記をば。

前回の記事はこちら→「はじめてのカミングアウト


---

一年半程前、ゲイ自認してから僕は毎日のようにネットでゲイの人のブログなどを読み漁ってました。
その中に、「大学のLGBTサークル」なるものに所属してて云々・・・という文章が目に入って来ました。


へ~、セクマイの人たちが集まる大学サークルってのが存在するんや~って、その時は思ったのですが、
なんとなく自分の大学名とLGBTで検索してみると…


あるではないですか!w 自分の大学にLGBTサークルが!(∩´∀`)∩
すっごくびっくりしましたけど、よく考えてみたら学内の掲示板に
「ノンケ以外募集!」
っていうビラがあったのを思い出しました。

ノンケの意味すら知らなかった僕は完全にスルーしてたんですけどねw


で、ゲイ自覚してから1週間後、
そのサークルに連絡をとって、11日目に活動に参加することとなりました・・・((((o゜▽゜)o)))



当日。
学内のとある教室で昼休みにお弁当を食べながら雑談するっていう「ランチ会」に突撃しました笑

待ち合わせの廊下で、向こうから男子学生が歩いてきます・・・
そうか、この人ゲイなんや~。

エレベーターで、サークルメンバーらしき人と話してました。
この人も・・・!!



で、教室に入ると、10人程度の学生が!
ここにいる人たちはみんなゲイ/レズビアンなのか!!?

…案外(?)普通の人だな笑 もちろんホゲてる人もいるけど!

色々話してると、自分と似たものを持っているような気がしました。
ストレートの人にはなくて、ゲイにはある何かが。
話し方とかしぐさとか。


一緒にお弁当食べて、話して、笑って。
そこにはなんとも言えない開放的な世界がありました。

話の中で「彼氏ホスィィィィィィィ!!!」って言ってた男子を見て、
すげえええ!ってなりましたw
その頃は男が「彼氏」って普通に言うことが驚きでしかなかったんです笑


あと、一番行ってよかったのは、
どの人も、自分がゲイ/レズビアンであることについてもはや悩んでなく、むしろ吹っ切れて楽しんでいる様子が見れたことです。
当時は僕は常に頭の中に「自分はゲイ、ゲイ、・・・」って思うような精神状態だったので、
もはやそういう悩みなんて通り越してる人々の存在は、いつか僕もそうなるときが来るんだっていう希望になりました。


実際、今はそうなってますしね♪


好きな男性のタイプとか、おおっぴらに言える環境というのはとても素晴らしいものでした。
恋愛の話を萎縮せずに言えるって、ほんと嬉しかったです。


僕のゲイ活動は、ここからスタートしていくのでした・・・!



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP